青葉区版 掲載号:2015年5月14日号 エリアトップへ

8年ぶりメダルで弾み 横浜サクラの水球チーム

スポーツ

掲載号:2015年5月14日号

  • LINE
  • hatena
水球小学生チームと中学生チーム
水球小学生チームと中学生チーム

 横浜サクラスイミングスクールの水球中学生チームが、7月に行われる全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会の関東予選会へ向け、練習に励んでいる。中学生対象のチームだが、メンバー不足で今春からは小学生チームの3人が中学生チームにも参加。少数精鋭の8人で試合に臨む。

 チームは3月、16チームが出場した春の同全国大会15歳以下の女子の部で、銅メダルを獲得。1回戦では前回準優勝チームの三重WPスターズと対戦し、前半は横浜が得点し2―0に。後半で同点に追いつかれ、PS(ペナルティースロー)戦で敗れたものの順調に勝ち進み、同クラブの水球では8年ぶりのメダルとなった。

 優秀選手には木村明日香さん(当時市立すすき野中・3年)と、2回戦からの全試合でゴールを決めたという西山風花さん(市立あざみ野中・3年)が選ばれた。皆川剛監督は「強豪チームと1回戦で健闘し、自信がついたのでは」と話す。

 水球の現役日本代表、杉山緑選手を輩出している同クラブ。週4日の練習のほか、普段練習できない水深の深いプールで練習するため、埼玉県に遠征することもある。ボールの取り合いの際、相手に沈められないよう、浮力を高める蹴り足や、巻き足の訓練が欠かせない。主将の大川さくらさん(市立美しが丘中・3年)は「小学生もいるので、教わったことをなるべく多く伝えたい」と語る。

 神奈川県水泳連盟によると、同連盟に登録する水球チームは、学校、スイミングクラブなど、県内で5団体。同クラブで活動するのは8人だが、ジュニア競技は本来、控えを含めて15人いることが望ましいという。「水球は仲間と協力して、答えを導き出す面白さが魅力。チームの仲間がもっと増えれば嬉しい」と西山さんは話す。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「探しています」

【Web限定記事】

「探しています」 社会

黒須さんが行方不明に

7月9日号

自宅で見られる大学講座

自宅で見られる大学講座 教育

青葉6大学連携事業

7月9日号

青葉区 コロナ患者数47人

【Web限定記事】

青葉区 コロナ患者数47人 社会

市内3番目

7月9日号

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 経済

県が事業者向けに

7月2日号

自宅で気軽に体操を

自宅で気軽に体操を 社会

シニアライフ振興財団が動画を配信

7月2日号

青葉区 コロナ患者数46人

【Web限定記事】

青葉区 コロナ患者数46人 社会

市内3番目

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク