青葉区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

被災ペットをレスキュー 【11】おーあみ避難所 大網直子さん

社会

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
シェルターの猫と大網さん(48)
シェルターの猫と大網さん(48)

 「本当は行くつもりも、予定もなかった」。きっかけはAPF通信社代表でジャーナリストの山路徹氏のツイッター。原発事故で取り残されたペットたちの救出を計画するつぶやきに、思わず「お手伝いできますか」とメッセージを送った。犬や猫の保護活動を個人で行っておりケージや犬用のリード、メーカーから寄付されたフード2箱があった。「体も動くし、私が行くべきじゃないかと思った」

 すぐに連絡があり、5時間後には福島県へ車を走らせた。山路氏らとともに現地に入ったのは2011年3月31日。以来2年間毎週末、昨年は2週に一度のペースで被災ペットの救出に行くことになる。

 最初に足を踏み入れたのは福島第一原発20Km圏内の南相馬市小高区。住民が避難時にリードを外していったのか、町中に痩せた犬が溢れ返っていた。「人を見ると近づいてくる。飢えもあるがそれ以上に人恋しいようで、甘えてくるんです」。捕獲しては2台の車に積めるだけ積み、重さで床が下がるほどだったがとても足りず、1回では終わらないと思い知った。その後は市長からの許可も得て楢葉町、富岡町、大熊町なども訪れレスキューを継続。妊娠を疑った犬のお腹には、飢えをしのぐためか軍手とビニール袋が入っていたことも。路上で息絶えた動物も多く見かけた。

 おーあみ避難所は青葉区内2カ所にシェルターがあり、現在犬10匹ほど、猫100匹以上を保護している。60人のボランティアスタッフが朝・夜交代で餌やトイレの世話を担当。都内や関東近辺で写真展を行っているほか、里親会を毎月開催している。一匹ずつに名前を付けるのも自身の役目だ。「山津見神社(飯舘村)で見つけたからツミちゃん、旅館にいたからおかみさん。どこにいたかわからなくなってしまうから」

 これまでに里親が見つかったのは犬・猫あわせて200匹以上。病気で50匹ほどを看取った。「どんな子も幸せになってほしい」。そう言葉を強めた。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

インターの子どもと交流

インターの子どもと交流 教育

藤が丘幼稚園で合同保育

2月20日号

福島を知る写真展

福島を知る写真展 文化

鴨志田町のウチルカで

2月20日号

身体を動かす体験講座

身体を動かす体験講座 スポーツ

無料 桐蔭大で19日・21日

2月13日号

豆まきで境内活気

豆まきで境内活気 文化

 みたけ台の祥泉院

2月13日号

ノーリードで遊ぼう

ノーリードで遊ぼう 文化

鉄町の青葉ドッグラン

2月13日号

分散・分権型の経済社会を

分散・分権型の経済社会を 政治

江田議員が新春の集い

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク