青葉区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

国内最高峰自動車レース 前人未踏3連覇に挑戦 榎が丘在住 ロニーさん

スポーツ

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena

 国内最高峰の自動車レース、スーパーGT500クラスで3連覇に向けて戦っている榎が丘在住のロニー・クインタレッリさん(36)=写真。東日本大震災の被災地支援も続け、6月には母国イタリアから勲章を授与されるなど、活躍を続けるロニーさんに、レースに対する熱意や被災地への思いを聞いた。

 高性能市販車をベースとした競技専用車両で参戦するスーパーGT。GT500とGT300の2クラスがあり、GT500クラスは最高速300Kmで1000分の1秒を競う。2016年シーズンは4月から11月まで全8戦が行われる。

 03年に活動拠点を日本に移し、05年からスーパーGTに参戦。11年と12年、14年と15年にシリーズチャンピオンに輝くなど、近年は圧倒的な成績を残している。13年から日産自動車のワークス・チーム「NISMO」に所属し、松田次生さんとのコンビで「MOTUL AUTECH GT-R」に乗り、今シーズンは開幕戦、第2戦で1位を獲得。現在は第4戦を終え、首位だ。「スーパーGTは自動車メーカー各社が技術を競う場。最高の環境」と話すロニーさん。一方、レース中は常に一瞬の判断を要求され、重力加速度など身体にかかる負担も大きい。ジムに通い、徹底したコンディショニングに努めているが、レース後は「首や腰、おしり、足が痛い」とレースの厳しさを語る。それでも「結果が悪いことはプライドとしても受け入れられない」と話し、「今年はチームとして3連覇、自分としては5度目のチャンピオンとなる大きなチャンス」と意気込みを語る。

被災地支援も

 レースで活躍する傍ら、東日本大震災の被災地支援を続けている。「ずっと日本人にお世話になってきた。その恩返しをしたい」と発災直後から行動を開始。企業経営者で友人のマルコ・スタチオーリさんと共にミニバンに食料や衣服を積み込み、3月19日には陸前高田市で避難所を回った。「ニュースで見る以上の衝撃的な光景」に継続的な支援を決意。その行動は「ITALIANS for TOHOKU」と題してイタリアの企業や大使館を巻き込む大きな活動へと発展した。12年には移動図書館車両を陸前高田市に寄贈したほか、現在は建築家・隈研吾氏設計の老人施設を建てようと出資を募っているという。

 レーサーとしての実績や被災地支援が評価され、6月22日に在日イタリア大使館でイタリア共和国功労勲章「カヴァリエーレ・ウッフィチャーレ」を授与された。活動の場を広げ、多忙な中だが、「安全運転で」こどもの国に家族で行くなど息抜きも。第5戦は富士スピードウェイで8月6日、7日に開催予定。ロニーさんは日本のファンについて「情熱が素晴らしい。ピュアな応援を感じている。ファンのためにも頑張りたい」と決意を話している。

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook