青葉区版 掲載号:2016年12月8日号 エリアトップへ

すすき野に地域福祉拠点 区内ケアプラザ 整備完了

社会

掲載号:2016年12月8日号

  • LINE
  • hatena
新設されたケアプラザ
新設されたケアプラザ

 青葉区内12カ所目で、最後の整備地となる「すすき野地域ケアプラザ」(すすき野1の8の21)が、12月1日に開所した。区内では初となる授乳室も備え、子どもから高齢者まで幅広い世代の交流・相談の場として活用される。

 地域ケアプラザは横浜市独自の施設で、高齢者や子ども、障害者など誰もが安心して暮らすための福祉保健の拠点。現在市内に136カ所あり、原則として各中学校区に1カ所整備されている。

 すすき野エリアではこれまでケアプラザがなく、地域住民から開所の要望が寄せられていた。新たに建設されたすすき野地域ケアプラザは(社福)若竹大寿会(竹田一雄理事長)が運営。介護保険事業に加え、市の委託事業である地域活動交流や、今年度から始まった生活支援体制整備事業を行う。介護保険の利用相談等に応じる地域包括支援センター機能については、これまで(社福)緑成会が特別養護老人ホーム「緑の郷」内に設置し、運営を担ってきたが、開所を機に引き継がれた。施設には相談室や地域ケアルーム、多目的ホールのほか、区内では初となる授乳室も完備している。

 11月25日には関係者を招いた記念式典が行われ、小池恭一区長をはじめ103人が訪れた。竹田理事長は「多くの方の尽力に感謝したい。持てる資源を徹底的に活用し、どんな困りごともサポートしていきたい」とあいさつ。ケアプラザの運営協議会会長であり、すすき野連合自治会会長の依藤守男さんは「開所を待ち望んでいた。地域の福祉活動がより発展することを願っている」と期待を寄せた。式典では職員の紹介が行われたほか、区の木であるヤマザクラの記念植樹も行われた。区の担当者は「まずはしっかりと立ち上げ、地域の相談、交流の場になれば」と話している。

青葉区版のトップニュース最新6

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

修学旅行、対応に苦慮

市立小中学校

修学旅行、対応に苦慮 教育

県内日帰りに変更も

10月1日号

あおば小麦ビールが完成

あおば小麦ビールが完成 社会

10月中旬から提供開始へ

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク