青葉区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

4月からtvkの平日夜のニュース番組「NewsLink」でキャスターを務める 青木 梨紗さん 横浜市在住 28歳

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena

現場の状況 視聴者目線で

 ○…福岡県の民放局で6年間勤務。大学生まで過ごした横浜に戻り、キャスターとしての一歩を踏み出した。「いきなりキャスターだとは思わなかった」と驚くが「視聴者の方と同じ目線で感じたことを伝えたい」と自然体で放送に臨む。

 ○…転勤で転居を繰り返した後、小学2年生で横浜へ。子どものころは人見知りで「みんなが縄跳びしているのに、私だけ離れた場所で本を読んでいた」というほど。立教大学在学中の2010年、横浜観光親善大使に選ばれたのが転機となった。「表に出て、自分の特技を生かしたかった」と1年間、全国で横浜の魅力を発信。その後、アナウンサーを目指し、テレビ局の養成スクールに通い、BSのニュース番組への出演も果たした。

 ○…「大きな都市で働きたい」と福岡の放送局へ。しかし、アナウンサーではなく、CMのスポンサーなどを回る営業職を経験。「放送局がどうやって成り立っているかが分かった」と華やかな舞台を縁の下で支える力を知った。4年目からは警察担当の記者に。強盗事件の際は”夜討ち朝駆け”で捜査関係者から情報を得ようと、寝る間もないほどだった。「自分が得た情報がニュースで使われるのはやりがい」。時にはカメラの前でレポートすることも。「記者が出ることで、今の状況を伝えられる」という。

 ○…福岡時代、天神にサルが出没したニュースに視聴者の大きな反響があった。「みなさん、自分が住む場所の情報を知りたいのだと実感した」。今度はその実感を横浜、神奈川で自ら発信する。マイブームは料理。「なるべく野菜を使ってバランス良く」と体調管理も怠らない。「6年ぶりに戻り、改めて横浜が好きだと分かった」と大きな瞳を輝かせて語る姿に地元への愛が感じられた。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

6月13日号

嶋田 桂以子さん

8代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

嶋田 桂以子さん

区内在住 42歳

6月6日号

小出 玄也さん

谷本公園の新園長として着任した

小出 玄也さん

神奈川区在住 25歳

5月23日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

第17代横浜観光親善大使に選ばれた

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

青葉区在住 21歳

5月1日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月25日号

大野 晶尚(あきひさ)さん

今春、青葉警察署長に着任した

大野 晶尚(あきひさ)さん

市ケ尾町在住 56歳

4月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    6月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク