青葉区版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • hatena

神奈川県司法書士会横浜北支部の支部長を務める 野口 善一さん 多摩区在住 50歳

責任の重さ噛みしめて

 ○…「身近なまちの法律家」として法務サービスを提供する司法書士。青葉区など横浜北部を管轄する北支部の支部長として会員95人を束ねる。約10年前に同支部の役員となり、支部長に就任したのが昨年5月。任期の折り返しを迎え、「1年目の経験を踏まえて、2年目は自分のカラーを少しでも出していきたい」と控えめに心境を語る。

 ○…栃木県出身。大学進学のために上京し、就職を機に神奈川県へ。司法書士への道を志したのは35歳のころ。ハウスメーカーで営業の仕事をしていたが、不動産登記など法律に関わることも多く、より顧客のためになればと一念発起。退職して1年で資格を取得した。まちの法律家として、登記の代理手続きを担うだけでなく、簡易裁判所における裁判事務も務める司法書士。「依頼人は法律に詳しくないと思うので、丁寧に察することが大事」。財産管理や相続登記など、間違いが許されないプレッシャーの多い仕事だが、「依頼人に感謝されるとやっぱり嬉しいもの」と優しく微笑む。

 ○…プライベートではマラソンをこよなく愛するスポーツマン。横浜、大阪と全国各地の大会に出場し、サロマ湖100Kmウルトラマラソンに挑戦したことも。マラソンを通じて妻とも出会い、よく一緒に大会出場をしているそう。「頑張りが記録の伸びにつながり楽しかった。自己ベストは3時間18分です」

 ○…「身近な法律家として気楽に相談してほしい」と団体のPRに力を入れ、今年は税理士との初の合同相談会なども企画中だ。目立つことがあまり好きではないと自身の性格を話すが、「支部長として何が必要なのかを常に考え、リーダーシップを発揮したい」と抱負を語る。市民に寄り添う団体の長としてこれからも走り続ける。

青葉区版の人物風土記最新6件

新井 航世(はんせ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

新井 航世(はんせ)さん

1月10日号

龍口 健太郎さん

1月1日に正式結団された青葉応援団の団長を務める

龍口 健太郎さん

1月1日号

飯島 智則さん

日刊スポーツ新聞社の記者として「イップスは治る!」を出版した

飯島 智則さん

12月20日号

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

「SOMPO パラリンアートカップ2018」で損保ジャパン日本興亜賞を受賞した

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

12月13日号

黒田 ナオコさん

3枚目のアルバムをリリースしたジャズシンガーで、地元でライブ活動を行う

黒田 ナオコさん

12月6日号

浦木 康雄さん

神奈川県美化運動推進功労者として表彰を受けた「藤が丘公園愛護会」の会長を務める

浦木 康雄さん

11月29日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

応援の魅力体験

応援の魅力体験

たまプラで1月27日

1月27日~1月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク