青葉区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

中里北部連合町内会の会長に就任した 奥田 妙子さん 鴨志田町在住 66歳

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena

つなぐ ふるさとの絆

 ○…古くは明治12年。寺家村、鴨志田村、成合村(たちばな台)は、当時から「連合」として行政を行ってきた歴史があり、それだけに昔から地域の結びつきは強い、という。「先人たちの思い、絆を、つなげていかなければ」。2012年から副会長を務め、今回会長に着任。8つの自治会・町内会を束ねる決意を、強い言葉ににじませた。

 ○…製鉄の町として栄えた福岡県の小倉生まれ、戸畑(とばた)育ち。隣近所に友達も多く、木に登ったり雪合戦したりと活発な少女時代を過ごした。年に一度の楽しみは、まちを挙げての一大行事「戸畑祇園大山笠」。お囃子が響き、提灯を積んだ山笠の競演に魅せられた。「本当に人がすごくてね。まちの皆の楽しみだった」。新日本製鐵(株)(当時)に役員秘書として勤めたのは、折りしも製鉄の全盛の頃。「技術職の夜勤明けの人も多くて、飲み屋さんもにぎやかだった」と活気のあった故郷を懐かしむ。

 ○…夫の転勤で鴨志田町に来て32年。「ここの皆さんは本当に親切で心地よい関係」と目を細める。右も左もわからなかった当時、住民たちが手を差し伸べてくれた。「決まらないと帰れなかったから」と娘の小学校のPTA会長を引き受けたことをきっかけに、地域活動に関わり20年。地区社協の手伝いや町内会長も務め、今や顔なじみばかり。愛犬の散歩で外を歩けば、行きあう人とのおしゃべりで「なかなか前に進まないの」とにっこり笑う。

 ○…夏祭りや運動会、マラソン大会など先人たちが築いてきた地域交流の場を守りたい、と力を込める。「ふるさとのお祭りや行事は思い出になるから」としみじみ。地域のお年寄りが寂しい思いをしないように、若い保護者たちとのつながりも持てるように――。そんな思いを胸に、まちの未来のために走り出す。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 信行さん

青葉区民芸術祭コーラス部会の部会長として「青葉コーラスのつどい」を運営する

神谷 信行さん

荏子田在住 73歳

6月30日号

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook