青葉区版 掲載号:2018年8月9日号 エリアトップへ

戦後73年記憶をたどる 生と死 隣り合わせの日々 美しが丘在住 西 貞義さん

社会

掲載号:2018年8月9日号

  • LINE
  • hatena
大正13年生まれ、94歳の西さん
大正13年生まれ、94歳の西さん

 まもなく戦後73年。本紙では美しが丘在住の西貞義さん(94)に戦争の体験を語ってもらった。

◇    ◇

 「バケツリレーの訓練もしたが、実際落ちたらそんなもんじゃない。一面焼け野原だ」。高知県の田舎に生まれ、勤労動員で渡った神戸で空襲に遭ったのは20歳のとき。三菱重工の神戸造船所の工員として勤め、須磨で寮生活を送っていた。空襲警報のサイレンが年中鳴り響き、「来ないことも多かった」というが、その日は違った。防空壕から出た時に、バラバラ落ちる焼夷弾と大きなB-29を目撃。「日本の小さな戦闘機がパンパン、と迎撃しているのを見た。暗かったからよく見えたんだ」

 寮が焼け、神戸の駅まで歩いた。大通りで目にしたのは人形のように転がる遺体。「服が焼けて体が膨らんで、男か女かもわからなかった」。ビー、と音がする金属の塊に気づき、拾い上げた。同行者の「危ない」という言葉で投げ捨てた瞬間に爆発。爆弾の一部だったのか、定かではない。持ったままでいたら「今ここにはいないね」

 ほどなく召集令状が届き、親兄弟との別れのために帰郷。出発の日には集落総出で見送るのが常だった。隣近所の人の前で「国のために一生懸命働いてくる」と誓い、バンザイで見送られた。「兵隊にいくのは名誉なことだった」。反面、今生の別れという覚悟からか、握った手を離さなかった母のことも忘れられない。

とにかく「辛抱」

 兵役では戦闘にあたった記憶はないが「もうこりごり」と話す。浜松市の三方原飛行場の教育隊に入隊すると「3日目から殴られた」。銃の扱い方を学び、飛行場の芝生を作る作業にあたったが、3カ月ほどで朝鮮半島へ。貨物船の船底に毛布を敷き、浮き袋代わりに竹筒を体に結びつけた。水の補充もなく、船の蒸気で喉を潤したという。現地でも上官の視線は厳しく、朝から晩まで何かにつけて殴られる日々。とにかく辛抱する毎日だったが、耐えかねた脱走者や、トイレで自殺する者も出た。「新聞には載らないけど、そうやって死んでいった人もたくさんいるんだ」

 終戦後、貨物列車を借り切って部隊で移動。武装解除されており数時間おきに止められ、現地の人に物資を奪われた。暴動に遭い、列車ごとバラバラに壊されて部隊は解散。日本兵であることを隠すため、軍服をボロ服と交換してもらい、母に持たされた千人針の腹巻を山に捨てて歩き続けた。ソウルの港からアメリカの軍艦に乗って帰国し、故郷にたどり着いたのは10月のことだったという。

 あれからまもなく73年。「あの戦争を、私なんかが評価することはできないが、平和に越したことはない」。目を閉じ、そうつぶやいた。

青葉区版のローカルニュース最新6

女性特有のがんと検診

現職2氏の一騎打ちか

衆院選神奈川8区

現職2氏の一騎打ちか 政治

19日公示、31日投開票

10月14日号

ハロウィン衣装など貸出

ハロウィン衣装など貸出 社会

どれでも1点100円で

10月14日号

ハロウィーンウイーク

すすき野ケアプラ

ハロウィーンウイーク 文化

牛乳パックかぼちゃ作り

10月14日号

新型コロナ陽性者 1週間で13人増

【Web限定記事】10月7日発表

新型コロナ陽性者 1週間で13人増 社会

青葉区状況 

10月14日号

新型コロナ陽性者 1週間で27人増

【Web限定記事】9月30日発表

新型コロナ陽性者 1週間で27人増 社会

青葉区状況 

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook