青葉区版 掲載号:2018年9月6日号
  • LINE
  • はてぶ

画材「キットパス」のインストラクターとしてハンドスタンプアートプロジェクトの普及につとめる 坂本 千春さん 大場町在住 63歳

描く力で笑顔をつなぐ

 ○…少しの水でなめらかに伸び、体に害のない素材を用いたキットパス。指で描くパステル画の講師を務める中で、画材として興味を持ったのが始まりだった。障害のある人が作っているものだと知り、ほどなくキットパスを活用した「ハンドスタンプアートプロジェクト」に出会う。病気や障害のある子や、その支援者らの手形で1枚の絵を作りあげるという取り組みに賛同し、ワークショップを開くなど精力的だ。

 ○…出身は世田谷区。東京五輪の開催に伴い五輪に関わるコンクールが多かった小学生当時、入賞歴も多々あるが「苦い思い出」と苦笑する。「バレーボールの絵で、選手を1人多く描いちゃったの」。苦肉の策でモップを持たせたその作品が表彰され「後ろめたさしかなかった」。あの時どこが良かったのか教えてもらえていたら――。教える立場となった今、「だから良いところはどんどん言うの」とにっこり笑う。

 ○…学習塾の講師を務める傍ら、ボランティアとして福祉施設でパステル画を10年ほど教えた。認知症の進行で「8年間毎回『初めまして』って言ってくれる人もいてね」。暗い色一色で塗り潰す人の「思いが知りたい」と色彩心理も学んだ。現在は文字に笑顔をおりまぜる「笑い文字」の講師としても活動。「笑顔ってすごく大事。作り笑顔でも明るくなるでしょ」。ありがとう、と書いた笑い文字を、認知症の義母が大切に持っていてくれたことも後押しになった。

 ○…3人の子どもは自立し、夫と2人暮らし。地域の行事に一緒に顔を出すなど穏やかな日々を送る。青葉区で暮らし32年。年齢を重ね、助けられてきた分を返していきたいと言葉を強める。「必要な時に何か提供できるものを持っていたい。みんなが笑顔でいられるようなお手伝いができたら」

青葉区版の人物風土記最新6件

小菅 澄男さん

第30回「福祉と文化の集い」を主催する恩田地区社会福祉協議会の会長

小菅 澄男さん

10月11日号

武内 正枝さん

青葉区倫理法人会の会長に就任した

武内 正枝さん

10月4日号

飯島 幹雄さん

青葉公会堂の館長として、区民の文化活動を支える

飯島 幹雄さん

9月20日号

大迫 正行さん

青葉区認知症フォーラムで医師として講師を務める

大迫 正行さん

9月13日号

小泉 幸夫さん

新荏田連合自治会長に就任した

小泉 幸夫さん

8月30日号

黒沼 勤さん

あざみ野商店会協同組合の新代表理事としてあざみ野まつり成功に向け尽力する

黒沼 勤さん

8月23日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青葉寄席10月20日に

青葉寄席10月20日に

地元在住 林家錦平さん

10月20日~10月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク