青葉区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

仏師として青葉区を中心に仏像彫刻の講座を開いている 岩渕 俊亨(しゅんほう)さん 千葉県在住 65歳

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena

「見守る」仏像に願い込め

 ○…「一度体験したら、やめられなくなる――」。姿や形に意味を込め、心を無にして仏像を彫る。約30年前から青葉台などで仏像彫刻の教室を開催し、約40人の受講生による展示会も節目の10回目を迎える。「みんな張り切っている。像から醸し出すオーラを見てほしい」

 ○…群馬県出身。ものづくりや美術が好きで、高校卒業後は造形を学ぼうと布団だけかついで東京へ。著名な彫刻家の内弟子として勉強する日々だったが、25歳の時に京都・勧修寺(かじゅうじ)の本尊、千手観音像を見て衝撃を受けた。長きにわたり、信仰を受けてきた像の神々しさを目の当たりにし、「神秘的な場所で。ボディーブローを受けたみたいに響いた」。改めて仏師に弟子入りし修業後、30歳で独立。今では總持寺に高さ3mの釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)を納めた仏師として名を馳せる。納めた仏像に込める願いは共通して「見守ってくれる存在」だ。「一人になって悩みや苦しみを振り返るとき、仏像は優しく抱擁してくれる。そんな力があるんです」

 ○…目標とする仏像は天平(てんぴょう)時代のおおらかで優雅、上品な作品。作業の一つひとつに全身全霊を込めるが、1年以上かけて作品を仕上げるため、時には息詰まる瞬間もあるとか。「だから毎日の体調管理が大事。趣味は散歩です」。日々伝統工芸に打ち込む一方、2匹いる愛猫を撮影してはインスタグラムに投稿するといった隠れた一面も。

 ○…「人前に出るのが苦手」と、指導を始める当時は抵抗もあった。それでも「彫刻刀を振るう生徒の嬉しそうな顔がたまらない」と話し、母親ほど年の離れた教え子から分厚い作品集をもらったと喜びをにじませる。次の展示会では木曽の檜を使った作品が100体ほど並ぶ。「うまい下手はあるけどみんな一生懸命」と優しく微笑んだ。

古谷商店

日々の暮らしのお手伝い

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月21日号

井上 太市さん

青葉事業所防犯協会の会長を務める

井上 太市さん

恩田町在住 71歳

1月14日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月7日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

高木 凜々子さん

バイオリニストとして国内外でリサイタルを開く

高木 凜々子さん

青葉区出身 24歳

1月1日号

杉山 紀子さん

約1600人の会員で構成される横浜市歯科医師会の会長を務める

杉山 紀子さん

栄区在住 65歳

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ひきこもる人の気持ち」

講演会

「ひきこもる人の気持ち」

会場参加/Web視聴 募集

2月13日~2月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク