青葉区版 掲載号:2018年12月6日号 エリアトップへ

区民マラソン 秋の青葉 駆け抜け 優勝は杉山さん、榎本さん

スポーツ

掲載号:2018年12月6日号

  • LINE
  • hatena
参加者と一緒に走った谷口さん
参加者と一緒に走った谷口さん

 第5回青葉区民マラソンが11月25日に開催され、男子はすすき野在住の杉山秀人(しゅうと)さん(29)が昨年に続いて連覇を達成した。女子はたちばな台在住の榎本久子さん(41)が3度目の優勝を飾った。

 区役所第1駐車場をスタートし、田園風景などを楽しみながら10Kmのコースを走る区民マラソン。区制20周年を記念して2014年から始まり、5回目の開催となった今年は973人が申し込むなど秋のスポーツイベントとして定着している。

 男子優勝の杉山さんの記録は33分21秒。初出場で初優勝を飾った昨年よりもタイムを若干落としたが、「腹痛があり、コンディションの悪い中だった。勝てて良かった」と安どの表情。スタート直後から独走だったが、冷静にラップを刻み、1位となった。杉山さんは「来年も勝って3連覇したい」と改めて意欲を語った。

 一方、女子優勝の榎本さんの記録は41分35秒。榎本さんは今回で4度目の出場だったが、第1回、第2回大会で優勝、第3回大会も3位と表彰台の常連。地力の差を見せつけた。普段は鶴見川周辺を走っているという榎本さん。「自信がなかったが、優勝できてうれしい」と喜びを語った。現在は1月の大阪国際女子マラソン大会に向けて練習をしているという。

 大会の応援アンバサダーは日本体育大学卒業で、1992年のバルセロナ五輪男子マラソンに出場した谷口浩美さん。声掛けやハイタッチをしながら、出場者と一緒に10Kmを走ったという。大会後には谷口さんのサイン争奪じゃんけん大会も行われ、参加者たちは楽しんでいたようだった。

 2位以下の結果は次の通り。敬称略。【男子】2位/谷征夫(34分39秒)、3位/林一宏(35分27秒)【女子】2位/川井麻由美(44分54秒)、3位/西山裕美(45分58秒)
 

女子総合1位の榎本さん
女子総合1位の榎本さん
男子総合1位の杉山さん
男子総合1位の杉山さん

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook