青葉区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

日体大FIELDS 残留つかみ来季へ前進 なでしこ1部で躍動

スポーツ

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena
嶋田さん(左)と小嶺監督
嶋田さん(左)と小嶺監督

 昨年12月、劇的な同点ゴールで入れ替え戦を制し、なでしこリーグ1部残留をつかんだ日体大FIELDS横浜=鴨志田町。初の1部の舞台で挑戦者として挑み続けた今シーズンを、小嶺栄二監督とキャプテンを務めた嶋田千秋さんに語ってもらった。

 日体大FIELDS横浜は、日体大女子サッカー部が母体のチーム。2015年度に大学の枠を超えたクラブチームとして誕生し、女子サッカーの全国リーグ「なでしこリーグ」に参戦。17年度には2部で初優勝を飾り、クラブ初、横浜市内でも初となる国内最高峰の1部昇格を決めた。ベテランの社会人選手の移籍もあり、今シーズンは学生主体の若いチームで参入1年目を戦った。

 開幕当初から残留を目標に掲げ、「まずはホッとした」と小嶺監督。リーグを10チーム中9位で終え、臨んだ入れ替え戦は2部2位のニッパツ横浜FCシーガルズと対戦。「チャレンジャーでいこう」と強い気持ちで挑み第1節は2─1。第2節は後半1─2でリードを許した局面から89分に同点ゴールを決め、1勝1分で残留をつかんだ。「ピッチの11人はもちろん、サブメンバーも全員で一丸となって戦えたことが大きい」と小嶺監督。厳しい状況が続き、同じ方向を向けないこともあったというが「気持ちを一つにして戦うことができ、チームらしくなってきた」と嶋田さんも話す。

強く、魅力あるチームへ

 リーグ前半戦は2分7敗と勝てず、スピード感や個々の選手の力、経験値など2部との違いを体感。そこでサイド攻撃を強化し攻めの幅を広げたほか、数的優位な状況をつくり出すべくフォーメーション自体を変えるなど戦い方をシフトチェンジ。「基本的なシステムを整備し、チームの良さを出していった」と小嶺監督。セットプレーのトレーニングも重ねて攻めの形を構築。これが奏功し後半戦では3勝を挙げるなど、徐々に1部で勝ちきれるチームになった。また、大きかったのがメンタル面。選手の気持ちを切らさないよう、監督やコーチ、嶋田さんも声をかけあいながらサポートしてきた。「『残留』は低い目標だという声を頂いたこともあったが、歴史が浅く学生主体のこのチームで達成できたことは、優勝に近い価値があると思う」と小嶺監督は振り返る。

 「来季、また1部で戦えるのは大きい」と嶋田さん。1部に定着し、トップを走り続けるチームになるための「第一歩」だと話す。「もっと強く、魅力あるチームになるためには、サッカー以外の面も大切。1つひとつ階段を上って子どもたちに『フィールズに入りたい』と言ってもらえるようなチームになりたい」

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月16日号

「歩く」サッカー広めたい

「歩く」サッカー広めたい スポーツ

区内有志ら、体験会を企画

5月16日号

区内でも「令和」を祝福

区内でも「令和」を祝福 文化

特別メニューを提供

5月1日号

めざすはF1レーサー

令和を担う未来人

めざすはF1レーサー 社会

もえぎ野小1年の坂野君

5月1日号

自転車道ロゴをデザイン

横浜美術大学小柳さん

自転車道ロゴをデザイン 社会

太平洋沿い6県に設置へ

4月25日号

「心臓リハビリ」普及に着手

横浜市

「心臓リハビリ」普及に着手 社会

市内病院中心に体制構築

4月25日号

両陛下がこどもの国に

両陛下がこどもの国に 社会

結婚60年の節目に訪問

4月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク