青葉区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

災害時、ペットどう守る 講演会に30人以上が参加

社会

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
災害時の救護実績を語る沼田氏
災害時の救護実績を語る沼田氏

 震災など大規模な災害が起きた際のペットの対策を学ぶ講演会が3月16日、たまプラーザ地域ケアプラザで開かれた。主催したのは、災害時に動物救援活動を行う拠点「動物救援センター」の1つに市から認定されている平和会ペットメモリアルパーク=美しが丘西。

 当日は、被災したペットの救護に関する支援等を行う全国組織、一般財団法人ペット災害対策推進協会の沼田一三常務理事が講演し、阪神淡路大震災を契機に発足した同協会の活動内容や過去の救護実績などを解説。東日本大震災では発災翌日から活動を始め、その後4年間以上にわたって1000頭以上の犬や猫などの被災動物を保護した同協会。沼田さんは「まずは飼い主の心構えとして、自分の命を守ることがペットを守ることにつながる。避難先の確認やペット用の備蓄など、日頃の備えが大切」と呼びかけ、真剣に頷く参加者の姿が見られた。

 その後、区職員から市の災害時ペット対策や、地域防災拠点にペットと避難する場合のルールなどが紹介された。参加者からは「救援センターの話や公助の取組みを聞け、いろいろ考えるきっかけになった」といった声が聞かれ、主催した平和会の担当者は「災害時に大切なペットをどう守るか、そして救援センターのことも知っていただけてよかった」と話した。

青葉区版のローカルニュース最新6

商店会の絆で弁当販売

商店会の絆で弁当販売 社会

桜台商店会 NPO法人エキープ

5月28日号

平和のバラ見頃

平和のバラ見頃 文化

寺家町・のむぎで

5月28日号

自宅で楽しく歯磨き遊び

自宅で楽しく歯磨き遊び 社会

区内歯科がキットを配布

5月28日号

症状あれば診療所へ

新型コロナ

症状あれば診療所へ 社会

自宅療養せずに受診を

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

マスクと消毒液を地域に

【Web限定記事】

マスクと消毒液を地域に 社会

困ったときは助け合い

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク