青葉区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

今春、青葉警察署長に着任した 大野 晶尚(あきひさ)さん 市ケ尾町在住 56歳

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

気付く力、発想力を大切に

 ○…警察署長として初の赴任先が青葉区に。特殊詐欺の被害件数が県内最多となっているこの地で「分かっていても被害に遭ってしまう」現状にインパクトのある啓発方法を考え、周知したい考えだ。署員には「今やるべきことに気付く力。発想力を持ってまずやってみる姿勢」を伝えていく。

 ○…薬物事件捜査に豊富な経験を持ち、警察庁長官から表彰されたことも。発端は大麻栽培で逮捕した被疑者の捜査過程で「そもそも栽培目的の種を買える現状がおかしい」と感じた疑問だ。大麻所持、栽培の捜査は一般的だが、当時「種」に着目した捜査は稀。警部としてチームを指揮して販売元を突き止め、数百件の顧客名簿にもつながった。「事例になる立件への筋道が作れ、よかった」

 ○…茅ヶ崎市出身。高校で陸上部に入部すると、顧問はその年の箱根駅伝を走ったばかりの元選手。自身は中距離だったが、率先して部員と走り、強いチームを作り上げる顧問の姿に憧れ、「自分も」と体育教師を目指した。東海大体育学部に入学後、陸上部で指導を受けたのがマラソンで3度の五輪に出場した宇佐美彰朗氏だ。就職先に当時あった県警の駅伝特練を勧められたことが人生の転機に。元々警察官への憧れもあり、「走り続けたい」思いも重なって高校時代の夢は胸に秘めつつ警察の道へ。「2人は大人になる基礎を作ってくれた」と今も関係が続く。

 ○…単身赴任中で料理や弁当も作り、仕事の後は10キロ走る。息子2人がきっかけでサッカーの魅力を知り、少年サッカーのコーチも続ける。いつか強いチームを作りたい―。コーチとして自ら子どもたちとボールを蹴る今、その夢は現実に。宇佐美氏からの言葉「人より一汗多く」をモットーに、署長として自身も署員も磨きをかける。

青葉区版の人物風土記最新6

六浦 勉さん

寺家ふるさと村四季の家でウェルカムセンター講師を務める

六浦 勉さん

藤沢市在住 74歳

10月29日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

桜台在住 62歳

10月22日号

萩原 直斗さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

萩原 直斗さん

区内在勤 32歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

大木 しのぶさん

陶磁器絵付師として横浜マイスターに選定された

大木 しのぶさん

美しが丘在住 52歳

10月1日号

今村 柚巴(ゆずは)さん

10月からゲストハウスに宿泊し、PRしながら日本一周を始める

今村 柚巴(ゆずは)さん

青葉区在住 20歳

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展

服部篤浩さん

10月22日~11月3日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第9回「秋は薄着を始める好機」

    10月29日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第4回「単焦点レンズと多焦点レンズ、どっちがよいレンズ?」

    10月29日号

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク