青葉区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

幼稚園でも長時間保育 夜は6時30分まで

教育

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

 幼稚園、認定こども園では正規の教育時間以外に、子どもを朝と夕方まで預かるサービスを実施し、共働きのニーズに応えているケースが多い。

 中でも横浜市が認めた園は「横浜市私立幼稚園等預かり保育事業」として平日7時30分から18時30分まで長時間の預かりを行っている。

 同事業には「通常型」と「平日型」があり、通常型は平日に加えて土曜日(7時30分から15時30分)や夏休みなどの長期休業期間中も対応。一方、平日型は土曜日休園、夏休み期間中にも最大5日間休園となる(※両型ともに年末年始は休園)。

 保護者負担は今年9月まで上限月額9000円だったが、10月からの「幼児教育・保育の無償化」に伴い、3歳児クラス〜5歳児クラスまでと満3歳児の市民税非課税世帯は無償化される。ただし、満3歳児の市民税課税世帯については上限月額9000円で変わらない。

 青葉区内では、愛和・愛和太陽・あざみ野白ゆり・市ヶ尾・美しの森・おおば白ゆり・田園江田・田園都市・奈良・藤が丘・みたけ台・もえぎ野・横浜さくら・横浜モンテッソーリ・三陽・青葉台・ナザレ幼稚園の計17園が「横浜市私立幼稚園等預かり保育事業」として実施している。ただし、通常型か平日型かは各園で異なるため、個別に確認を。

 預かり保育を利用するためには、1日4時間以上、月12日以上働いているなど条件があり、保育の必要性を横浜市が認定する必要がある。

 一方、上記事業ではなく、梅が丘天使・國學院・桐蔭・かえで幼稚園と玉川学園幼稚部の5園は、独自に預かり保育を実施。3歳児クラス〜5歳児クラスまでの子どもが利用した場合は1日あたり450円、月額1万1300円まで無償化される。また、満3歳児の市民税非課税世帯は月額1万6300円まで無償化(いずれも料金は一旦納入後払い戻し)。園独自の預かり保育を利用する場合も保育の必要性を市が認定する必要がある。

 幼稚園や認定こども園は各々特色のある教育を行っている。共働きなどの場合に保育所だけを選択肢にするのではなく、3歳〜5歳の場合は幼稚園、認定こども園の預かり保育の利用も検討してみてはいかがだろうか。

青葉区版のローカルニュース最新6

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

持ち帰りできる店をPR

【web限定記事】

持ち帰りできる店をPR 経済

区内エリア別に紹介

5月21日号

医療従事者にエールを

【Web限定記事】

医療従事者にエールを 社会

ダンス教室が動画を公開

5月21日号

免疫力あげる運動を紹介

【Web限定記事】

免疫力あげる運動を紹介 社会

区内の整骨院が動画配信

5月21日号

平和のバラ咲き始める

【Web限定記事】

平和のバラ咲き始める 社会

見頃は6月初旬まで

5月21日号

自宅療養せず診療所へ

【Web限定記事】1日でも発熱があったら

自宅療養せず診療所へ 社会

新型コロナ疑い 検査実施

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 子どもの学びを止めるな!

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【5】

    子どもの学びを止めるな!

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    5月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク