青葉区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

お酒片手に認知症語らう 「オレンジバル」大盛況

社会

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
ギターの演奏で盛り上がる参加者ら
ギターの演奏で盛り上がる参加者ら

 認知症の人や家族、介護・医療などに関わる人々が情報交換や交流を深める認知症酒場「あざみ野オレンジバル」が9月9日、あざみ野駅前の蕎麦ダイニング「そばくろ」で開かれた。

 これは鉄町の横浜総合病院臨床研究センター長の長田乾さんが企画したもの。平日の昼間に行われることの多い認知症カフェとは一味違い、「夜に美味しい食事とお酒を楽しみながら、気軽に話し合える場を作ろう」という趣旨で行われた。

 当日は、長田さんの呼びかけなどで店内からあふれるほどの60人以上が参加。堅苦しい雰囲気はなく、食事をしながらそれぞれの活動内容を紹介したり、日本酒の差し入れがあったり、時にはギターの演奏で盛り上がるなど賑やかな夜となった。

 認知症の治療で同院に通っているという参加者は「病院とはまた違う雰囲気で先生と話せてよかった。みんなでワイワイやるのは楽しいよね」と話していた。また、訪問看護士の女性は「医療や介護従事者も関係を深めることが大切。このような場で知り合えるのは嬉しい」と感想を話した。

 当日は、同院の平元周院長も飛び入り参加。店内の盛り上がりを見て「患者さんやご家族にとって、いろいろな話を聞ける場になれば。今後も継続できるよう支援していきたい」と語った。長田さんは「これだけ多くの人が集まってくれて驚いた。今後も月1回程度のペースで開催していければ。また、将来的には区内にいくつもある認知症カフェの連絡会をつくれたら」と話していた。

青葉区版のローカルニュース最新6

災害備え自転車で巡回

災害備え自転車で巡回 経済

横建協青葉区会

11月26日号

神奈川大会で準優勝

青葉ボーイズ

神奈川大会で準優勝 スポーツ

ベイ杯出場切符を獲得

11月26日号

身近な危険と防災、触れて

身近な危険と防災、触れて 教育

もえぎ野中が校外学習

11月26日号

ひとり親でトークサロン

ひとり親でトークサロン 社会

 28日に青葉台で

11月26日号

コロナ終息願い、千羽鶴

コロナ終息願い、千羽鶴 社会

村田俊太君がプレゼント

11月26日号

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに 文化

コロナに負けず、31回公演

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク