青葉区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

奈良町在住山田大晟選手 プロゴルフ界 道拓く 夢は「日本OP制覇、海外へ」

スポーツ

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

 奈良町在住の山田大晟選手(24)=写真=が今夏、日本プロゴルフ協会(PGA)の資格認定プロテストに2度目の挑戦で合格。今春から複数の関門にあたるラウンドを戦い抜き、8月に最終テストの舞台で栄冠をつかんだ。相模原ゴルフクラブの所属プロとして、新たなスタートを切る。

 毎年1000人規模が参加し、1次(36ホール)や2次(54ホール)を経て最終テストで上位50位タイが合格基準というプロテスト。山田選手は2度目の最終テストで、4日間72ホールを1アンダー31位タイで駆け抜けた。「初日から冷静さを保って戦えた。プロ入りは通過点なので、試合に出るために力をつけたい」と語気を強める。

 競技者だった父親の影響で、クラブを握ったのは5歳ごろから。青葉台小、青葉台中学校を経て、県立横浜旭陵高校と専修大学(川崎市)ではゴルフ部へ。大学時代は1年春からレギュラー選手としてリーグ戦に出場。4年では主将として、男女部員40人を引っ張った。団体戦では登録選手12人を選び、出場順を組み立てるなどチーム戦術にも従事。4年にとって最後の秋季大会では、同級生を起用したい一方で勝つために冷静な判断を求められ、苦悩を繰り返した。「人の上に立ち、コミュニケーションをとることの大変さを知った」と当時を振り返る。

 大学卒業後、昨春から相模原ゴルフクラブの練習生として、土日を含む午前中はアルバイト勤務し、昼過ぎから暗くなるまで日々鍛錬に打ち込んできた。「芝生のコースに出て実戦形式で打てるので、ピンチの場面や不調を想定した練習ができるのは大きい」。今年は、来季のレギュラーツアー上位資格取得に向けたトーナメント(QT)に参戦。今月の2次をトップ通過し、11月1日まで3次を戦う。「早くツアーで一勝したい」。その先に日本オープン制覇、そして海外への挑戦を見据える。

11/7家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

三浦ブランド認定 山森農園

飲みやすさに自信。βカロチンたっぷり、減農薬で栽培する自慢のにんじんジュース

http://farm-yamamori.com

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

光る池、交流の場に

光る池、交流の場に 文化

住民主体で「未来を照らせ」

11月21日号

肌色の違いで多様性学ぶ

山内小学校

肌色の違いで多様性学ぶ 教育

資生堂による特別授業

11月21日号

中山さん 現代の名工に

奈良町在住

中山さん 現代の名工に 社会

ソーセージ作り、50年

11月14日号

桜台団地が一括建替えへ

桜台団地が一括建替えへ 経済

国内最大級の事業に

11月14日号

地域力育み、次世代へ

地域力育み、次世代へ 社会

青葉区制、25周年迎え

11月7日号

知事賞に内垣さん

科学賞 県作品展

知事賞に内垣さん 教育

すすき野中で11作品受賞

11月7日号

四季折々の旬を一冊に

あおば野菜のレシピ帖

四季折々の旬を一冊に 社会

区内飲食店考案の料理集

10月31日号

三浦ブランド認定 斉藤菓子店

和菓子職人が作る三浦産野菜と果物を使った毎日食べたいおやつ「三浦ベジタブル」

http://saitokashiten.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

西川克己の世界展

企画展

西川克己の世界展

きょうから 寺家スタジオ

11月14日~12月4日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 制限型対策では不十分

    〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

    制限型対策では不十分

    IRと横浜

    11月14日号

  • 雇用や税収増に寄与

    〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

    雇用や税収増に寄与

    11月7日号

  • カジノは負の経済効果

    〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

    カジノは負の経済効果

    IRと横浜

    10月31日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク