青葉区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.1 「おっぺす・ぼっこす」

社会

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区はご存じのように東京急行電鉄による多摩田園都市開発によって大きく変貌を遂げた街である。私が越してきた1980年代には、代々この地で暮らしてきた旧住民の方と、開発が始まると同時に移住してきた新住民の方の間には目に見えない壁があり、厳然たる住み分けがされていた。

 ところが、お調子者な性格が気に入られたのか、図々しいまでの好奇心に圧倒されたのか、新住民になりたてにもかかわらず、旧住民=地主の皆さんにはずいぶんと可愛がってもらった。採れたての野菜をいただいたり、祭りに連れて行ってもらったり…。なにより楽しかったのは昔の暮らしについて話を聞くこと。多摩弁、武州弁と呼ばれる独特の方言が、旅へ誘(いざな)う線路のリズムのように心地よく、開発される以前の田園風景へとタイムスリップできた。

 そのリズムの一つが促音便訛り。「落ちる」を「落っこちる」。「歩いていく」を「歩ってく」。「散らかす」は「おっちらげ」で「広げる」は「おっぴろげ」など、小さな「つ」が入ることでよりリアルにイメージできる。さすがに「おっぺす」「ぼっこす」と聞いたときには「外国語か?」と思って聞き返していたが(注・おっぺす=押す、ぼっこす=壊す)。こうした促音便に「べえ」「だんべえ」という関東地方で広く使われている方言が入ったりしたらもう完璧。心揺さぶられずにはいられない。

 「青葉区の歴史あれかしお祭りの人ごみの中にそを聴きにゆく」

 歴史探偵の活力の源泉はそこにあったのだ。人生は山あり谷あり。理不尽な仕打ちや裏切りでたとえ心がぼっこされても、地域のために頑張っていれば必ず誰かが背中をおっぺして応援してくれる。

 さ、頑張んべえ!前に向かって歩ってくべえ!

       (つづく)

青葉区版のローカルニュース最新6

商店会の絆で弁当販売

商店会の絆で弁当販売 社会

桜台商店会 NPO法人エキープ

5月28日号

平和のバラ見頃

平和のバラ見頃 文化

寺家町・のむぎで

5月28日号

自宅で楽しく歯磨き遊び

自宅で楽しく歯磨き遊び 社会

区内歯科がキットを配布

5月28日号

症状あれば診療所へ

新型コロナ

症状あれば診療所へ 社会

自宅療養せずに受診を

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

マスクと消毒液を地域に

【Web限定記事】

マスクと消毒液を地域に 社会

困ったときは助け合い

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク