青葉区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

桜台団地が一括建替えへ 国内最大級の事業に

経済

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
建替えが決まった桜台団地=8日撮影
建替えが決まった桜台団地=8日撮影

 桜台団地管理組合(石原憲夫理事長)は10月27日に臨時総会を開き、団地の一括建替え決議を可決した。戸数456戸、敷地面積4万平方メートルを超える建替えは市内で前例がなく、国内でも最大級の建替えとなる。

 桜台団地は1966年に竣工し、今年で築53年を迎える。敷地規模44635平方メートルで現在の総戸数は456戸、全18棟、RC造の地上4階建。

 事業協力者として参画する横浜市住宅供給公社と(株)URリンケージが発表した計画によると、新たな団地は6棟、地上5階建て(一部7階建含む)、総戸数は約1・8倍の820戸(地権者住戸を含む)に増える。

 10月27日に行われた管理組合の臨時総会では住民全体の8割を超える賛成で一括建替え決議を可決。2020年度の建替組合設立認可を経て、21年度に既存棟の解体に着手する予定だ。

建替えの検討15年以上前から

 建物・設備の老朽化やバリアフリー上の課題、住民の高齢化などの将来の不安から、管理組合では2004年に建替え調査委員会を設置するなど、15年以上前から団地の再生について話し合ってきた。住民によると10年ほど前に一度、別の事業者が入って建替えの話が上がったが、まとまらずに立ち消えになったこともあるという。

 しかし、その後も検討を重ねてきた管理組合。10年11月からは横浜市住宅供給公社を建替え及び改修のコンサルタント会社として選定し、17年10月に事業協力協定を締結。18年5月にはURリンケージを共同事業者として、建替えに向けた協力を続けてきた。長年の検討の末に一括建替えの道筋が決まったことを受け、管理組合の石原理事長は「住民には高齢者も多く、負担金や建替え期間中の引っ越しの問題など悩んでいる人もいる。新しく設立される建替組合とも協力しながら、住民の不安を解消できるようフォローしていきたい」と話した。

青葉区版のトップニュース最新6

区内4事業者を認証

第2回Y-SDGs

区内4事業者を認証 経済

SDGs推進に期待

4月15日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月15日号

保険証利用、プレ運用開始

マイナンバーカード

保険証利用、プレ運用開始 政治

区内でも導入事例

4月8日号

ICT活用し区民活力を

2021年度青葉区予算

ICT活用し区民活力を 経済

コロナ対策で様々な施策

4月8日号

米国で作曲賞を受賞

青葉区出身西山さん

米国で作曲賞を受賞 社会

人種差別への怒りを曲に

4月1日号

いよいよホーム開幕戦

日体大フィールズ横浜

いよいよホーム開幕戦 スポーツ

4日にニッパツ三ツ沢で

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

母子家庭ほか食料支援

4月18日実施、事前申込制

4月18日~4月18日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter