青葉区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

横浜FM 15年ぶりVへ、王手 7日、日スタで最終節

スポーツ

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
チーム3点目を決めるFW・エリキ選手(写真左端)
チーム3点目を決めるFW・エリキ選手(写真左端)

 横浜F・マリノスは11月30日、明治安田生命J1リーグ第33節で、川崎フロンターレに4-1で勝利。リーグ戦残り1試合で、2位と勝ち点3差の首位を守った。12月7日(土)にホーム・日産スタジアムで行われる最終節で、15年ぶりとなるリーグ優勝の達成が期待される。

 その勢いは、リーグ2連覇中の王者・川崎をも飲み込んだ--。5連勝で迎えた敵地・等々力陸上競技場での試合でも、自慢の攻撃陣が大爆発。前半8分、FW・仲川輝人選手が左サイドからのクロスを腹部でゴールに押しこみ、幸先よく先制点を奪った。仲川選手は今季15点目。同僚のFW・マルコス・ジュニオール選手と並んで得点ランキングトップとなった。後半に入っても主導権を握ったのはF・マリノス。4分と24分にFW・エリキ選手が2ゴールを決めリードを3点に広げた。その後に一点を返されたものの、終了間際に途中出場のFW・遠藤渓太選手が、勝負を決定づける4点目をマーク。4-1の快勝で、2万3千人を超す観客が集まった神奈川ダービーを制した。

勝って優勝決めたい

 33試合を消化し、21勝4分け8敗の勝ち点67で首位に立つ横浜F・マリノス。2年目を迎えたアンジェ・ポステコグルー監督体制のもと、攻撃サッカーに磨きをかけ、ここまでリーグで唯一60点を超える65ゴールを記録する攻撃力を武器に、2004年以来、15年ぶりとなるリーグ優勝に王手をかけた。

 12月7日(土)のリーグ最終節でホーム・日産スタジアムに迎える相手は、勝ち点3差で迫る2位・FC東京。優勝をかけた大一番は、引き分け以上でF・マリノスの優勝となる。また、負けた場合も3点差以内であれば、得失点差で上回り、1位となる。

 仲川選手は「(条件は関係なく)勝てばいい。自分たちのサッカーをして、勝って、日スタでファンと喜び合いたい。それだけです」と力強く前を見据えた。

三浦ブランド認定 羽床総本店

ほどよく脂が乗った希少な白皮かじきの中トロを味噌と粕で漬けた老舗の味

https://hayuka.jp/

東急保険コンサルティング

ゼロから分かる「相続対策シリーズセミナー」申し込み受付中

https://www.tokyu-hoken.co.jp/sys/seminar

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

「住みつづけたいまちへ」

青葉区

「住みつづけたいまちへ」 政治

小出区長インタビュー

1月16日号

桐蔭、悲願の単独V

桐蔭、悲願の単独V スポーツ

ラグビー花園で逆転劇

1月16日号

3744人が船出

青葉区の新成人

3744人が船出 社会

13日、横アリで式典

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 経済

市内経済活性化など期待

1月9日号

パラ出場目指す

車いすバスケ古澤拓也選手

パラ出場目指す スポーツ

日本代表入りが有力

1月1日号

パラ応援企画に一役

荏子田在住八重沢さん

パラ応援企画に一役 文化

捺染(なっせん)ハンカチ、都内で展示

1月1日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 経済

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校改革がここまで求められる理由

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【1】

    学校改革がここまで求められる理由

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    1月16日号

  • 制限型対策では不十分

    〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

    制限型対策では不十分

    IRと横浜

    11月14日号

  • 雇用や税収増に寄与

    〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

    雇用や税収増に寄与

    11月7日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク