青葉区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

青葉区民マラソン 杉山さん3連覇 女子は草場さん初優勝

スポーツ

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
3連覇を示しながらゴールする杉山さん
3連覇を示しながらゴールする杉山さん

 第6回青葉区民マラソン大会が11月24日に区役所周辺で行われ、男子は杉山秀人さん(30)が3連覇、女子は草場史佳さん(22)が初優勝を飾った。当日は男女合わせて828人が秋の青葉路10Kmを駆け抜けた。

 青葉ふるさと協議会(関根宏一会長)と運営委員会(菊池侃二委員長)が主催する同大会。2014年の区制20周年を記念して始まり、区制25周年を迎えた今年で6回目の開催となった。

 前日からの雨でコンディションが心配されたが、スタート前には天候も回復。号砲前にあいさつに立った菊池委員長は、雨の中での準備が大変だったことに触れながら参加者を激励。続いて小出重佳区長が「大会の意義は競技とともにオール青葉のつながりを深めていくこと」と述べ、開会を宣言した。また、昨年に続き大会アンバサダーとして元マラソン選手の谷口浩美さんが登場。谷口さんは「路面が濡れている。コケちゃわないように、けがのないようにがんばりましょう」とメッセージを送り、会場を和ませた。日本体育大学ソングリーディングクラブの応援もあり、華を添えていた。

 男子優勝の杉山さんはすすき野出身で、区内在勤。優勝タイムは32分59秒で、3連覇に「ほっとしている。設定通りのタイムで走れた」と振り返り、喜びを語った。週5日練習し、全国のフルマラソンに出場している杉山さんは、自己ベスト2時間26分を持つ市民ランナー。来年は「4連覇を目指したい」と意欲を見せた。

 女子優勝の草場さんはすすき野在住で玉川大学生。40分33秒の好記録で初出場、初優勝した。中高は陸上部だったが、長距離は中学時代に駅伝に出場した程度。しかし、大学では先日引退するまでハンドボール部に所属しており、練習の成果が発揮された。草場さんは「後方のスタートで、前へ前へと気持ちよく走れた」と笑顔。「連覇に挑戦したい」と語った。

 2、3位記録は以下。敬称略。【男子】2位/小嶋晃(33分33秒)、3位/鳥越健吾(34分36秒)【女子】2位/榎本久子(40分40秒)、3位/松本菜穂(43分39秒)

一緒に走った谷口さん
一緒に走った谷口さん
初優勝の草場さん
初優勝の草場さん

古谷商店

日々の暮らしのお手伝い

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

「子どもと若者の図書館を」

たまプラ

「子どもと若者の図書館を」 文化

私設の居場所 21日開館

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

対コロナの区政運営

対コロナの区政運営 政治

小澤区長インタビュー

1月14日号

区内3,755人が門出

成人式

区内3,755人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 経済

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ひきこもる人の気持ち」

講演会

「ひきこもる人の気持ち」

会場参加/Web視聴 募集

2月13日~2月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク