青葉区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【1】 学校改革がここまで求められる理由 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 近年の学校教育改革は学校と社会をつなぎ直すためになされている。かつては良い高校、良い大学、良い就職といった人生成功の方程式があった。それが必ずしも成り立たなくなって、学校から社会への「トランジション(移行)」に重きを置いた学校改革が始まった。1990年代末のことである。

 この改革の本質を理解したい。1つに、基礎的な知識や理解は必要である。これまでの偏差値教育を転換するからと言って、基礎的な知識や理解が落ちることは致命的である。2つに、成績が良いだけで、良い大学に進学するだけで、社会で力強くやっていけるとは限らないという事実を認めることである。

 20年間、京都大学で教員をし、卒業生を見てきて、専門家として全国の大学生を見てきて、そのデータと経験から言っている。基礎的な知識・理解をふまえつつも、課題に対して、自身の疑問や「こう思う、ああ思う」、大学生くらいになると、「この知識や議論はここに繋がるのではないか」「こういうことが考えられないか」と、知識理解に合わせて、自分の考えや疑問を加える、という態度や能力が求められている。これを育てようと思えば、グループワークや発表(アクティブラーニング)を多少なりとも学習に加えていくことは必然である。

 12回の連載である。社会とつなぎ直すために今学校で起こっていることを小学校から大学までの視野でお話ししていく。
 

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

三浦ブランド 下里ファーム

パリパリ食感がくせになる!ブランド大根で作る、ばぁ~ちゃん特製たくあん販売中

http://www.shimozatofarm.com/

<PR>

青葉区版のコラム最新6

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月20日号

社会で生きる個性を育てる

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

社会で生きる個性を育てる

桐蔭学園理事長 溝上慎一

2月13日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.2

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月23日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

11月14日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

11月7日号

三浦ブランド認定 丸徳農産

減化学肥料・減農薬で育てた野菜を直送。まいるど沢庵は3月中旬までの限定販売

http://maru-toku.com/

東急ほけんのコンシェルジュ

あなたの「ライフプランニング(お金の流れ)」を無料作成!

https://www.tokyu-hoken.co.jp/concierge/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク