青葉区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】 社会で生きる個性を育てる 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

 現代の学校教育のキーワードの1つは「個性」である。実は、個性を育てる教育は、1980年代末の学習指導要領改訂から展開して早30年経っている。当時のポイントは、親からの期待に応える、あるいは正解にたどり着くだけの良い子、優等生ではなく、知識を基礎としつつ、個の世界もしっかり持った子どもを育てようというものであった。

 近年のアクティブラーニングや主体的・対話的で深い学びは、基礎的な知識だけでなく、生徒の個性的な考えや能力の伸張まで目指した、個性教育の現代版である。技術革新が進む中、定型業務はコンピュータ・ロボット・AIに置き換えられていっている。縮小する日本社会において課題は山積しており、人ならではの仕事の仕方や問題解決が求められている。ここに個性を育てる教育の意義がある。アクティブラーニングができてこそ、大人になって充実した仕事・社会生活を過ごせるというものである。

 「おとなしい子」も問題になっている。性格的な個性としては尊重されるべきであるが、社会的な個性としては改善の努力が求められる。たとえ上位の大学に入学できる教科学力を身につけても、他者と十分に議論ができなけれは、仕事・社会に出て苦労する確率が高い。そんな全国の大学生・卒業生を多く見てきた。データもある。学校教師はこの意味をまだまだ理解していない。個性も学力の1つとして育てられなければならない。
 

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第14回「食べてくれない時は”ママの魔法”を使いましょう♪」

5月27日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第11回『検診で「視神経乳頭陥凹拡大」といわれたけど、何のこと?』

5月27日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.9

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第13回「赤ちゃんの人見知り泣きは人を信じる本能を育てます」

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

4月22日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter