青葉区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】 社会で生きる個性を育てる 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

 現代の学校教育のキーワードの1つは「個性」である。実は、個性を育てる教育は、1980年代末の学習指導要領改訂から展開して早30年経っている。当時のポイントは、親からの期待に応える、あるいは正解にたどり着くだけの良い子、優等生ではなく、知識を基礎としつつ、個の世界もしっかり持った子どもを育てようというものであった。

 近年のアクティブラーニングや主体的・対話的で深い学びは、基礎的な知識だけでなく、生徒の個性的な考えや能力の伸張まで目指した、個性教育の現代版である。技術革新が進む中、定型業務はコンピュータ・ロボット・AIに置き換えられていっている。縮小する日本社会において課題は山積しており、人ならではの仕事の仕方や問題解決が求められている。ここに個性を育てる教育の意義がある。アクティブラーニングができてこそ、大人になって充実した仕事・社会生活を過ごせるというものである。

 「おとなしい子」も問題になっている。性格的な個性としては尊重されるべきであるが、社会的な個性としては改善の努力が求められる。たとえ上位の大学に入学できる教科学力を身につけても、他者と十分に議論ができなけれは、仕事・社会に出て苦労する確率が高い。そんな全国の大学生・卒業生を多く見てきた。データもある。学校教師はこの意味をまだまだ理解していない。個性も学力の1つとして育てられなければならない。
 

青葉区版のコラム最新6

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月20日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.2

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月23日号

学校改革がここまで求められる理由

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【1】

学校改革がここまで求められる理由

桐蔭学園理事長 溝上慎一

1月16日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

11月14日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク