青葉区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート【3】 がん検診を忘れていませんか? 「コロナ禍でも、がんは進行しています」

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 「苦しくなく、痛みに配慮した内視鏡検査」がモットーの「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」(平島徹朗院長)。今回は同院の東瑞智(あずま みずとも)医師に、コロナ禍でも検診を受ける大切さを聞いた。

 「コロナウイルスの影響で『がん検診』を受ける方が減っています。不要不急の外出自粛の判断から、会社健診、人間ドックの受診を中止している影響だと思います」

 最新の統計では、1年間に新たに「がん」と診断された人は98万人で、亡くなった人は37万人にもなる。その中で男性2位、3位がそれぞれ胃、大腸で、女性は1位が大腸、4位が胃というのをご存じだろうか。「大腸がんだけをみても年間5万人以上の方が亡くなられています。5月17日の時点で国内のコロナウイルス感染者数1万6253人、死亡者数は729人。その数だけで考えても圧倒的に『がん』にかかり、亡くなる方が多いのです。胃がん、大腸がんは内視鏡で発見でき、早期発見、治療が非常に重要です。現在、医療従事者のコロナ感染で手術数が抑制され、新規受入れを停止する医療機関もあり、明らかにがん治療にも影響が出ています。コロナ禍でも『がん』は進行を止めてくれません。6月以降は収束が予想されますので、がん検診、内視鏡検査の早めの受診を心掛けて下さい」

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

シミ・しわ・たるみ・大人の敏感肌も

要予約

シミ・しわ・たるみ・大人の敏感肌も

無針水光(むばりすいこう)プレミアムフェイシャル(高濃度ヒト幹細胞培養液使用)

7月2日号

神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホームヴィンテージ・ヴィラ横浜 〜将来の安心を手に入れ、愉しく優雅に住まう。〜

小3年生、学力ジャンプを

啓進塾中学受験専門

小3年生、学力ジャンプを

 夏期講習を募集

7月2日号

今こそ、資産価値の確認を

東京建物不動産販売

今こそ、資産価値の確認を

不動産を無料査定

7月2日号

昼休みなしで常時診察

新規開院

昼休みなしで常時診察

あざみ野 土屋記念クリニック

7月2日号

こどもタウンニュースよこはま版

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第5回「”新しい生活様式”を親子で身につけましょう」

    6月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク