青葉区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

戦禍に家族6人、韓国へ 青葉区在住 中村宏さん(86)

社会

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena
「運が良かった」と当時を語る中村さん
「運が良かった」と当時を語る中村さん

 中村さんは1941年12月の開戦時、家族6人で鶴見区で暮らしていたが、小学5年生になると学童疎開で現秦野市へ。終戦間近の45年6月、小学6年生の時に家族6人で韓国釜山に渡った。

 釜山郊外には祖母が一人暮らしをしていて心配だったことと、他の親戚の家は疎開先には向かなかったため、釜山行きを決めたという。しかし、連絡船に乗ろうにもどこもアメリカの攻撃を受けており、最終的に山口県の仙崎から渡った。鶴見区の家を出て約1カ月後のことだった。「辺りは飛行機や潜水艦ばかりで真っ暗な海の上を敵に見つからないかハラハラしながら船に乗っていた」と恐怖を語る。

 当時日本の占領下にあった韓国では兄弟3人で日本人学校へ。幸いにも食事には困らず、戦争に直接関わることもなかったが、自宅近くの川に特攻隊が不時着するなど、戦争の不安からは逃れられなかった。

敗戦は勘付いた

 自宅にラジオはなく、突然家中の金品を略奪されるなど、現地の人の反応が変わったことで敗戦に勘付いた。その後学校で終戦を聞かされた。父から日本はアメリカ本土に爆弾を落とせていないと聞いていたので「やっぱりねって思った」。

 終戦翌月に妹が誕生。日本への帰国時はまだ生後3カ月だったこともあり、過酷な距離に「帰るのに足手まといになる」と家族内では妹をあきらめることもよぎった。しかし、当時小学1年生の弟が「それならみんなで飛び込もう(死のう)」といい、小さい体で妹を背負い、祖母と妹を含めた8人で帰ってきた。

 戦後75年。「当時は戦争反対なんて口にすることはできなかった。戦争をすれば国民が疲弊する。二度とやってはいけない」と力強く語った。

青葉区版のローカルニュース最新6

市素案の説明会動画公開

都市計画

市素案の説明会動画公開 社会

美しが丘 郵政宿舎跡地

9月23日号

国学院サッカー部を応援

たまプラーザ連合商店会

国学院サッカー部を応援 社会

胸スポンサーで協賛

9月23日号

特殊詐欺防止で感謝状

青葉警察署

特殊詐欺防止で感謝状 社会

三菱UFJ信託銀行に

9月23日号

ハチミツ採取に挑戦

日体大フィールズ

ハチミツ採取に挑戦 社会

横浜18区丼で使用

9月23日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月23日号

絵本から学ぶジェンダー

絵本から学ぶジェンダー 文化

あざみ野で講座

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook