青葉区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

日本補助犬協会 育成資金へ協力募る 8月末までCF(クラウドファンディング)

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
協力を呼び掛ける安杖さんと介助犬のダンテ(同協会提供)
協力を呼び掛ける安杖さんと介助犬のダンテ(同協会提供)

 公益財団法人日本補助犬協会=旭区矢指町=は現在、補助犬育成に必要な資金をクラウドファンディング(CF)で募っている。募集期間は8月31日(月)まで。

 身体に不自由がある人の生活を手助けする役割を担う補助犬。同協会は盲導犬・介助犬・聴導犬の3種類の補助犬を育成・認定できる日本で唯一の団体だ。これまでに盲導犬34頭、介助犬22頭、聴導犬45頭の合計101頭の補助犬を育成し、必要とする人々へ貸与してきた。

コロナで活動できず

 1頭の補助犬を育成するのに必要な費用は1年で約274万円といわれ、費用の約9割は募金や寄付などで支えられている。しかし、今年度は新型コロナウイルスの影響によって募金やイベントなどができずに寄付が集まりづらい状況が続き、収入が激減。今後も育成を続けていくために、同協会のスタッフ一丸でクラウドファンディングを立ち上げて協力を募っている。

5頭の育成費用を

 CFの目標額は、5頭の補助犬育成費用として1370万円。現在貸与中の補助犬5頭が今年中に引退を迎えるため、新たに5頭を貸与する必要があるためだ。8月21日時点で58%の約799万円が集まったが、目標には届いていない。

 自らも介助犬と暮らす同協会の広報担当・安杖直人さんは「補助犬を必要とする方に届けるため、ご支援をよろしくお願い申し上げます」と話している。

 CFの詳細は同協会ホームページに記載。問い合わせなどは同協会【電話】045・951・9221へ。

青葉区版のローカルニュース最新6

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展 文化

服部篤浩さん

10月22日号

認知症を語り合う

認知症を語り合う 社会

27日にオンラインカフェ

10月22日号

手紙の書き方、学ぶ

美しが丘西小

手紙の書き方、学ぶ 教育

郵便局長が授業

10月22日号

23日から飲食店で販売

23日から飲食店で販売 社会

区内産小麦のあおばビール

10月22日号

地図片手にアトリエ散策

地図片手にアトリエ散策 文化

あすから「寺家回廊」

10月22日号

青葉区コロナ患者 10人増

【Web限定記事】

青葉区コロナ患者 10人増 社会

市内2番の312人

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク