青葉区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

困窮家庭に食料無料配布 「フードシェア*いちがお」

コミュニティ社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
「困っていたら相談を」と友澤理事長(中央)
「困っていたら相談を」と友澤理事長(中央)

 NPO法人ピッピ・親子サポートネット(友澤ゆみ子理事長)が、ひとり親家庭や生活困窮者など食品を必要とする人に無料で提供する「フードシェア*いちがお」を7月から行っている。

 同法人は昨年から、家庭で余っている食品の寄付を区内で募り、金沢区にある「フードバンクかながわ」に届け、支援を必要とする人に配布してもらってきた。

 今回の取組みは、集まった食品を自分たちで配布することで、より身近な地域で困っている人たちの助けになればというもの。保育や通所介護事業を行う同法人では、日ごろからひとり親家庭や生活に困窮する人と接する機会も多く、「今回のコロナ禍で困っている人も増えている。食品の寄付には毎回多くの方に協力いただいているので、区内でその善意を届けられたら」と友澤理事長。

 食品の配布は月1回で次回は9月29日(火)。場所はピッピおやこルーム(市ケ尾町1065の5森ビル五番館101)。米や麺類のほか、レトルト食品や調味料、菓子などを家族構成にも配慮して分け合う。希望者は事前申し込みが必要(法人サイトか「フードシェアいちがお」で検索)。

食品の寄付も募集

 同法人では、家庭で余った食品の寄付も募っている。今月は14日(月)から18日(金)まで、ピッピ保育園(荏田西3の1の19)ほか同法人運営の施設6カ所で募集する。一品から寄付でき、賞味期限2カ月以上のものに限る。寄付できる食品や受付場所など詳細は、同法人【電話】045・530・3939へ問合せを(平日のみ)。
 

青葉区版のローカルニュース最新6

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展 文化

服部篤浩さん

10月22日号

認知症を語り合う

認知症を語り合う 社会

27日にオンラインカフェ

10月22日号

手紙の書き方、学ぶ

美しが丘西小

手紙の書き方、学ぶ 教育

郵便局長が授業

10月22日号

23日から飲食店で販売

23日から飲食店で販売 社会

区内産小麦のあおばビール

10月22日号

地図片手にアトリエ散策

地図片手にアトリエ散策 文化

あすから「寺家回廊」

10月22日号

青葉区コロナ患者 10人増

【Web限定記事】

青葉区コロナ患者 10人増 社会

市内2番の312人

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク