青葉区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

鴨志田中 弁護士が「いじめ防止授業」 オンラインで実施

教育

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
画面越しに質問する片山弁護士と、生徒たち
画面越しに質問する片山弁護士と、生徒たち

 いじめの定義について知り、自ら考えて行動できる生徒を育てようと、鴨志田中学校(浜崎利司校長)で10月22日、「弁護士・一斉道徳いじめ防止授業」が行われた。

 授業は毎年開催されているが、今年は新型コロナウイルス感染症防止のため、オンライン形式で実施。真下麻理子弁護士がコーディネートに協力し、3人の弁護士が学年ごとにスクリーンを通して授業を担当した。

 1年生の授業では、DVDの貸し借りの際に、傷をつけてしまったことからグループ内で仲間外れなどに発展した例を出し、これがいじめにあたるかどうかを片山敦朗弁護士が生徒たちに質問。

 片山弁護士は「法律上、いじめは、された側が心身の苦痛を感じたかどうかで決まる。集団の力が加わるとエスカレートする一方、いじめられた方の心の苦痛は周囲には見えない。自分が発した些細な一言が相手にとって最後の1滴となり、(限界を超えて)溢れてしまうかもしれない」と説明。

 また「誰が悪いか考えた時、仲裁にあたる大人も『お互い悪かった』と両成敗をしがちだが、意図せずDVDを傷つけてしまったことと、その怒りを解消するための手段として仲間外れにすることは違う」と指摘した。

 授業を聞いた大野翔太郎さんは「いじめられる側の気持ちで、いじめになると知った。集団の力は強くなり止まらなくなると聞き、その前に止めないといけないと改めて思った」と話す。また田原美晴さんは「集団の力が働くと小さな言葉でも1人の心がズタズタになってしまうと分かった。自分の考えをしっかり持つことで相手にも意思が伝わると思った」と感想を語った。

青葉区版のローカルニュース最新6

迷いインコを探してます

【Web限定記事】

迷いインコを探してます 社会

10月28日号

新型コロナ陽性者 1週間で12人増

【Web限定記事】10月21日発表

新型コロナ陽性者 1週間で12人増 社会

青葉区状況 

10月28日号

迫力満点の書を展示

地元で稲刈り体験

地元で稲刈り体験 社会

31日 寺家町で

10月28日号

「児童の安全に役立てて」

「児童の安全に役立てて」 社会

市民施設協会が物品寄贈

10月28日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高齢者のアクティブな生き方とは

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

    高齢者のアクティブな生き方とは

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月28日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

    10月28日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第19回「風邪を引かない昔からの知恵をお教えします」

    10月28日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook