青葉区版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された 渡部 健人さん 桐蔭横浜大学在学 21歳

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena

「謙虚」胸にプロの舞台へ

 ○…埼玉西武ライオンズの1位指名に驚きながら「うれしかった」とはにかむ。176cm、113kg。大きな体に見合った長打力が魅力だが、50mを6秒3で駆ける運動能力も強み。その雰囲気からついた名前は「ハマのおかわり君」。憧れのプロの舞台に立つが、「ここがゴールじゃない。スタートラインに立てただけ。満足せずにレベルアップしたい」と浮かれずに前を見据える。

 ○…旭区在住のハマっ子。父が見ていたプロ野球中継がきっかけで少年野球チームに入団し、中学時代は中本牧リトルシニアで全国を経験。横浜商大高へ進み1年から試合に出るなど順調にキャリアを重ねていたが、家庭の事情で日本ウェルネス高に転校。当時はサッカー部から部員を借りなければ試合に出られない弱小校だったが、環境の変化は、身体能力に頼り、「天狗だった」と話す自身を見つめ直す機会に。以後は「謙虚」を胸に足りなかった細かな技術を磨き、3年時には東東京大会で5回戦進出。チーム躍進に貢献した。

 ○…好物はハンバーグ。大食漢だと思われがちだが、実はそうではなく、間食のチョコレートがパワーの源。女優の有村架純さんのファンで、おしゃれもしたいけど、服のサイズがなくて選べないのが悩みと、大学生らしい一面も。

 ○…高校時もプロ志望届を出したが指名されず、桐蔭横浜大で力を付け直そうと練習の日々。齊藤博久監督から精神面も含め指導を受け、秋季リーグで結果を残した。「やれることはやった」と社会人チームの誘いも全て断り、志望はプロ1本。願いは叶ったが、勝負はこれから。「チームを勝たせられる、誰からも応援される選手になりたい」。謙虚さを忘れず見据えるのは新人王、そしてホームラン王だ。

青葉区版の人物風土記最新6

木村 勇樹さん

7月4日に開業する「スプラス青葉台」のプロデューサーを務める

木村 勇樹さん

青葉台在勤 35歳

6月17日号

蕪木(かぶらき) 泉さん

市ヶ尾連合自治会長に就任した

蕪木(かぶらき) 泉さん

市ケ尾町在住 72歳

6月10日号

鈴木 幸子さん

青葉土木事務所の所長を務める

鈴木 幸子さん

西区在住 57歳

5月27日号

山下 保子さん

一昨年の日展で総理大臣賞を受賞し、記念展を開催している日本画家

山下 保子さん

美しが丘在住 74歳

5月20日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月13日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter