青葉区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

桂小 児童がどら焼きを商品化 和菓子店「若野」で販売開始

教育

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
(上)チラシやポスターも児童が制作。(下)焼き印の入ったどら焼き
(上)チラシやポスターも児童が制作。(下)焼き印の入ったどら焼き

 桂小学校6年1組の児童が地域活性化を目的に和菓子店「若野」とコラボレーションし、期間限定どら焼きを商品化。12月2日から販売中だ。

 児童が働くことの価値を理解するとともに、コロナ禍の中で地域活性化の助けになればと「総合的な学習の時間」で進められたこの企画。同小の創立25周年記念キャラクター「かつらっピーズ」の焼印を押したどら焼きの商品化やそれにかかる広告宣伝など、児童が企画書を作って同店に提案するなど、本格的だ。焼印の型やチラシ、ポスター制作費などの費用は、すべて児童がプラバンのストラップを作り2個100円で販売して捻出。ようやく販売開始までこぎつけた。

 商品名は「かつらっピーズどら焼き」。同店の「横濱どら焼」を小型にしたもので、1個190円(税別)。生地に和糖蜜を使用しており、豊かな風味が特徴。北海道産小豆の自家製あんこも人気だ。購入特典として3月末まではどら焼きを1つ買うごとに、児童が作った同店限定のプラバンを1つプレゼント。

 同店の中野孝道代表取締役は「子どもたちが声を掛けてくれたことがうれしい」と感謝を語り、児童リーダーの瀬上倫葉さんと副リーダーの岡田幸輝君は「(どら焼き販売で)桂小の名前を知られるようになるのがうれしい」「桂のまちの活性化に貢献できたら」と、購入を呼び掛けている。

 同店は松風台35の18、営業時間は午前10時から午後5時(火曜定休)。

古谷商店

日々の暮らしのお手伝い

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

無病息災願い どんど焼き

無病息災願い どんど焼き 文化

すすき野・嶮山公園で

1月21日号

飛沫防止カバーを考案

藤が丘在住星野さん

飛沫防止カバーを考案 文化

食卓を和紙で華やかに

1月21日号

太田市議が出馬表明

横浜市長選

太田市議が出馬表明 政治

IR誘致に反対

1月21日号

「ひきこもる人の気持ち」

講演会

「ひきこもる人の気持ち」 社会

会場参加/Web視聴 募集

1月21日号

最多7人がJリーグへ

桐蔭横浜大

最多7人がJリーグへ スポーツ

安武監督「最高の世代」

1月21日号

新型コロナ 青葉区前週比132人増

【Web限定記事】

新型コロナ 青葉区前週比132人増 社会

1月14日発表 累計陽性者982人

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ひきこもる人の気持ち」

講演会

「ひきこもる人の気持ち」

会場参加/Web視聴 募集

2月13日~2月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク