青葉区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A  第6回『低加入分節型眼内レンズ』について教えてください

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena

 白内障手術で使う眼内レンズは大きく分けて単焦点レンズと多焦点レンズがあります。単焦点レンズはピントが一つですが完全に保険診療で手術を受けることができます(3割負担で片眼約4万円)。多焦点レンズは焦点が2〜3カ所あるため、眼鏡を使わなくても広い範囲を見ることが可能です。ただ、多焦点レンズを使う場合は選定療養(保険手術費用+レンズの差額代)もしくは自費診療となり、やや高額な費用が必要です(当院の選定療養のレンズの差額代15〜30万円程)。

 そして、最近登場した『低加入分節型眼内レンズ』は保険診療で使える単焦点扱いですが、遠くに合うようなレンズと少し近くが見えるレンズが組み合わさった多焦点に近い性質を持ちます。普通の単焦点レンズで遠方にピントを合わせると、中間から手元の距離は眼鏡が必要なことが多いですが、このレンズではパソコンなどの中間距離は眼鏡なしで見えることが多く、スマホ操作など手元も裸眼で見える方もいます。必ず遠くに合わせる必要はなく、中間から手元をよく見えるようにすることや左右で度数の差をつけることでより広い範囲を見ることも可能です。また、多焦点レンズに見られる副症状もほとんどありません。

 保険診療のレンズを考えていて、なるべく眼鏡をかけずに過ごしたい方にはとても良いレンズと考えています。

■たまプラーザやまぐち眼科/青葉区新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com
 

青葉区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月1日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

お正月特別寄稿「初日の出でなぜ手を合わせるの?」

1月1日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第6回『低加入分節型眼内レンズ』について教えてください

12月24日号

リモートで落ちる人の社会性

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【12】

リモートで落ちる人の社会性

桐蔭学園理事長 溝上慎一

12月17日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.7

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

11月26日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク