青葉区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】乳幼児の親子と25歳までを対象とした「たまプラーザ駅徒歩2分図書館」を1月にオープンした 青柳 志保さん 美しが丘在住 51歳

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena

若い世代の居場所支えて

 ○…「子どもと若者が自由におしゃべりできる居場所を」と、たまプラーザ駅そばにある自身の動画配信スタジオ「スタジオシフォン」で私設図書館を開設し、約1カ月。賛同者から寄贈してもらった本は千冊以上に。不定期の開館だが、既に親子連れや中学生らに利用されており、コロナ禍で「人と会いたい」「話したい」人が多いと実感。「コミュニケーションを取る場として居場所を探している子どもたちのハブになれば」

 ○…昨年3月まで短大のピアノ講師として25年間勤務。時にはリストカットの痕がある学生たちの悩みを聞くことも。「多くは家族の悩み。何か心に辛さがあって」。なぜだろう、と考えるうち「昔は悩みを話せる身近な大人がいたけど、今の世代にはいない」と気付いたという。

 ○…退職し動画配信スタジオを始めた昨年、コロナ禍で一層子どもの居場所がなくなったと感じていた際に転機が。子ども対象の私設図書館を横須賀で作った女性と出会い、自分も出来るかもと着手したのが開設のきっかけだ。読んでほしい本の寄贈を募り「私一人でなく大切な本を譲ってくれた皆で運営している」図書館に。一方、がん患者のドキュメンタリー映画を制作した経験から、障害など社会的弱者の支援者と自身の対談を撮影、配信活動を続ける。「本気で誰かを応援している人が沢山いる。本のように、誰かが見てよかったと思えるように記録映像として残したい」

 ○…趣味はシフォンケーキ作り。ピアノも「何歳でも繰り返しやれば必ずできると見てほしい」と今も演奏を配信する。先日は中学生の息子も本を寄せてくれてと笑顔。「全国にこういう場が広がれば」と期待しつつ、話しやすい人柄で訪れた人の居場所を作る。

青葉区版の人物風土記最新6

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月13日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

大槻 茂久さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

大槻 茂久さん

鴨志田町在勤 41歳

4月29日号

中山 芳子さん

「ぐるーぷ・もこもこ・青葉台」の代表を務める

中山 芳子さん

みたけ台在住 74歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter