青葉区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

イトゥアーノFC横浜 市民大会で優勝 シーズン最後に有終の美

スポーツ

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ選手たち
優勝を喜ぶ選手たち

 横浜市民大会サッカー一般の部の決勝戦が2月7日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、青葉区生まれのクラブチーム「イトゥアーノFC横浜」が優勝を勝ち取った。今シーズン最後の大会でのタイトル獲得に、チームは喜びに沸いた。

 神奈川県社会人サッカーリーグ1部に所属し、Jリーグをめざして横浜市北部を中心に活動する同クラブ。同大会は横浜サッカー協会が主催し、今年は57の社会人クラブチームが出場。昨年7月からトーナメント制で争われ、2月7日に決勝戦が行われた。

 決勝戦の相手は県社会人リーグ3部所属の「JFC FUTURO」。イトゥアーノは前半開始早々5分に國分優樹選手のゴールで先制すると、16分にも毛利大河選手が追加点を挙げ、前半を2対0とリードして折り返した。

 後半に入ってもイトゥアーノの攻勢は続き、16分に小谷竜也選手、17分には石川神伊選手が立て続けにゴールを決め、勝利を決定づけた。終盤に1点を返されたが、試合はそのまま終了。4対1で優勝を掴んだ。

 試合後、毛利選手は「なかなか結果が出せず苦しんだシーズンにはなりましたが、最後にタイトルを獲得できて良かったです」と喜びを語り、石川選手は「関東昇格とかリーグ優勝とか大きな結果は残せなかったですが、皆とサッカーできて本当に幸せでした」と話した。監督就任3年目にして初のタイトル獲得となった山田暢久監督は「普段の練習のようにリラックスしてプレーできた結果だと思います。また、コロナ禍にも関わらず、有観客試合で行わせてくれた横浜サッカー協会に感謝します」とコメントした。

 この試合を最後にチームを引退する選手もいた同チーム。昨年末まで行われた県社会人サッカーリーグでは最終節まで暫定首位に位置していたが、残念ながらチームの目標である関東リーグ昇格の機会を逃した。チーム関係者は「来年度こそは必ず達成したい」と意気込んでいる。
 

青葉区版のトップニュース最新6

100人の町史、書籍化へ

街のはなし実行委

100人の町史、書籍化へ 社会

クラファンで資金募る

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む コミュニティ文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook