青葉区版 掲載号:2021年4月8日号 エリアトップへ

2021年度青葉区予算 ICT活用し区民活力を コロナ対策で様々な施策

経済

掲載号:2021年4月8日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区の2021年度の自主企画事業がこのほど発表された。予算額は1億541万7千円で、20年度とほぼ同額。新型コロナの長期化を受け感染症対策を強化し、ICTを活用した新たな交流の形などを模索しながら、地域課題の解決を目指す。

 自主企画事業費は市民局の「個性ある区づくり推進費」の中に位置づけられ、地域の身近な課題やニーズに迅速かつ、きめ細かく対応するためのもの。コロナ禍で市税収入が過去最大の減収と見込まれ、全市的に厳しい予算編成の中で、青葉区の同事業費はほぼ同額を維持した。

 青葉区は区政運営方針の基本目標である「『住みつづけたい・住みたいまち』青葉の実現」のため自主企画事業で4つの柱=表参照=を掲げた。

 事業全体で特徴的なのはコロナ禍の新しい生活様式を踏まえた取組み。感染症対策では、社会福祉施設等への適切な消毒法や換気についての講習会等を実施する。また、地域防災拠点の中で被災時に応急医療を提供する12カ所の「定点診療拠点」に感染対策物品を整備する。

 そのほか、3密を避けて相談や講習ができるようICTを活用。子育て支援では育児動画の配信や、オンラインの育児相談を行い、高齢者や障害者の孤立化予防では、担い手となる地域のボランティア団体がICTを活用できるよう講座を開催する。

 また、外出自粛による運動不足を解消するため「健康長寿のまちづくり支援事業」として保健活動推進員らとの連携を強化するほか、オンライン方式のマラソン大会実施も検討する。

 新規事業では、青少年育成の推進を目指し、「青少年の地域活動拠点」と連携した中高生の自立や成長支援、小学生の学習支援や異世代交流の機会などを提供。また、地域で活動する人や団体等が情報交換できる「地域とつながる交流会」を開催する。

 そのほかにも、地域での起業支援や美術公募展開催による芸術文化振興など、さまざまな施策が盛り込まれている。
 

青葉区版のトップニュース最新6

100人の町史、書籍化へ

街のはなし実行委

100人の町史、書籍化へ 社会

クラファンで資金募る

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む コミュニティ文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook