青葉区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート【13】 お酒を飲んで顔が赤くなる人は要注意 アルコールが食道がんのリスク?

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 「苦しくなく、痛みに配慮した内視鏡検査を」と開院以来多くの患者を診察してきた「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」(平島徹朗院長)。今回は同院の東瑞智(あずまみずとも)医師に、お酒と食道・咽頭がんの因果関係について聞いた。

 「お酒を飲むと、肝臓でアルコールがアセトアルデヒドという発がん性物質に分解され、その脱水素酵素を持っているとすぐに無害化されます。しかし、アジア人の約半数はこの酵素を持っておらず、これが食道の粘膜に慢性的な炎症を引き起こすことで、がんを発症すると言われています」

 お酒を飲んで顔が赤くなる人はこの脱水素酵素を持っていないことが原因で、飲み重ねるうちに赤くならなくなっても酵素を獲得した訳ではなく、根本的な気質は変わらないという。

 「食道がんと咽頭がんは同じ粘膜のため、合併リスクもあります。これらのがんは初期症状もなく、バリウム検査では発見はほぼ不可能、内視鏡のNBIという特殊な光で発見するしかありません。当院では、胃の内視鏡検査でも食道やのどをこのNBIでしっかり検査します。顔が赤くなる方、家族歴のある方で飲む機会が多い場合は早めの検査をお勧めします」

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器のプロに聞こう

63年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

10月27日(水) グランベリーパーク内

10月21日号

家族のように寄り添うかかりつけ医に

内科・循環器内科で幅広く診療 新規開院

家族のように寄り添うかかりつけ医に

田園都市高血圧クリニックかなえ

10月21日号

一生に一度の家作りはアスカ建設へ

注文住宅を建てたい方へ

一生に一度の家作りはアスカ建設へ

地域密着の建設会社に頼むという選択肢

10月21日号

ビックリ絵画展

ビックリ絵画展

20〜70%オフ「開店2周年感謝」

10月21日号

無料の相続相談会

無料の相続相談会

新横浜の各事務所及びオンラインで対応各事務所とも感染防止対策済

10月21日号

放課後クラブの職員募集

放課後クラブの職員募集

週2〜可 40〜50代男女活躍中

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook