青葉区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート【13】 お酒を飲んで顔が赤くなる人は要注意 アルコールが食道がんのリスク?

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 「苦しくなく、痛みに配慮した内視鏡検査を」と開院以来多くの患者を診察してきた「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」(平島徹朗院長)。今回は同院の東瑞智(あずまみずとも)医師に、お酒と食道・咽頭がんの因果関係について聞いた。

 「お酒を飲むと、肝臓でアルコールがアセトアルデヒドという発がん性物質に分解され、その脱水素酵素を持っているとすぐに無害化されます。しかし、アジア人の約半数はこの酵素を持っておらず、これが食道の粘膜に慢性的な炎症を引き起こすことで、がんを発症すると言われています」

 お酒を飲んで顔が赤くなる人はこの脱水素酵素を持っていないことが原因で、飲み重ねるうちに赤くならなくなっても酵素を獲得した訳ではなく、根本的な気質は変わらないという。

 「食道がんと咽頭がんは同じ粘膜のため、合併リスクもあります。これらのがんは初期症状もなく、バリウム検査では発見はほぼ不可能、内視鏡のNBIという特殊な光で発見するしかありません。当院では、胃の内視鏡検査でも食道やのどをこのNBIでしっかり検査します。顔が赤くなる方、家族歴のある方で飲む機会が多い場合は早めの検査をお勧めします」

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

エアコン本格稼働&梅雨の前にプロの掃除が特別価格!

エアコン本格稼働&梅雨の前にプロの掃除が特別価格!

コロナ対策もバッチリ 早期申込みで最大18%オフ

5月7日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

5月7日号

後々の費用、一切なし4万円〜

納骨にお困りの方

後々の費用、一切なし4万円〜

「眞宗寺」の永代供養墓は生前申込み、改葬代行も可

4月29日号

「補聴器、慣れなければ買えません」

「補聴器、慣れなければ買えません」

自宅に居ながらリモート調整も

4月29日号

今がシロアリ注意時期

今がシロアリ注意時期

羽アリ見つけたら即連絡を

4月29日号

母の日の贈り物なら

母の日の贈り物なら

たまプラーザ フラワーながい

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter