青葉区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

「ぐるーぷ・もこもこ・青葉台」の代表を務める 中山 芳子さん みたけ台在住 74歳

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena

誰かのために作り、動く

 ○…布で出来た絵本やおもちゃを作り、福祉施設等に寄贈している「ぐるーぷ・もこもこ」。同団体が現在の青葉台コミュニティハウスで実施した講習会に参加したことを機に青葉台で支部を立ち上げた。以来27年にわたって手作りした作品を区内外に届けている。昨年開校したあおば支援学校にも寄贈予定と、地域とのつながりも深い。

 ○…布絵本やおもちゃは、布の手触りも含めて楽しむもの。障害児の知育に活用される機会も多く、施設側から制作依頼を受けることもある。幼少期から裁縫が好きで、以前は区内にあった児童養護施設・中里学園で針仕事のボランティアをしていたが「もこもこ」の活動を始めてからは布絵本などの制作がメインに。「寄贈先の子の好みや、どんな反応をする子なのか」を丁寧に聞き、使う人のことを考えながら作るのがモットーだ。

 ○…石川県出身で現在は夫と2人暮らし。「子どもの頃から人の家の繕いものをしたり」と困っている人を放っておけない性格だった。近所の畑を散歩したり、みたけ台小でミシンの使い方を教えたりと地元が大好き。地域のつながり作りのため、自宅で40年近くバザーを開催する。地元の人が作った小物や食品、農家の野菜を販売し、収益は自閉症支援団体の「横浜やまびこの里」へ寄付。2人の息子と愛孫たちはそれぞれ都内在住。「孫が描いてくれたの」と自身の似顔絵を指してほほ笑む。

 ○…2年後はグループの設立30年を迎える。メンバーは現在22人。「それまでは皆元気でいようね、が合言葉」とにこり。記念展示会の開催が目標といい、他団体とのコラボレーションや作品を使った人形劇の実施など「見るだけでなく、実際に遊べる展示会にしたい」と意気込む。

青葉区版の人物風土記最新6

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月13日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

大槻 茂久さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

大槻 茂久さん

鴨志田町在勤 41歳

4月29日号

中山 芳子さん

「ぐるーぷ・もこもこ・青葉台」の代表を務める

中山 芳子さん

みたけ台在住 74歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter