青葉区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

「青葉区スポーツ協会」に 体協から名称変更

スポーツ

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区体育協会(菊池侃二会長)は5月20日、2021年度総会を青葉区役所で開催=写真=し、団体名称を「青葉区スポーツ協会」へと変更した。菊池会長は加盟団体がコロナ禍で活動が難しくなっていることにふれつつ、改めて地域の活性化や健康づくりに意欲を示した。

 同協会は青葉区が緑区から分区した1994年11月6日に設立。現在は競技ごとに17団体が加盟し、スポーツとレクリエーションの振興に努めている。例年は区民まつりへの参加や区民マラソンの運営、スポーツ人の集いの開催など各種事業も行っている。

 今回の名称変更は、上部団体の日本体育協会が18年に「日本スポーツ協会」へと変更していることを受けたもの。20年には横浜市体育協会も「横浜市スポーツ協会」となっており、関係する区ごとの団体も変更に至った。名称変更に関して団体の役割・目的などに変更はなく、また、役員人事も総会で承認を得た菊池会長が継続して代表を務める。

 菊池会長は名称変更に関して「市も18区もすべて『スポーツ協会』に統一していく方向。みんなが足並みを揃え、コロナ禍の苦しい状況で、地域の活性化や健康づくりに取り組んでいきたい」と語った。

「長寿日本一のために」

 総会の中で菊池会長は「(新型コロナウイルスで)昨年来、スポーツができる施設が使えなくなり、17団体の仲間が活動できていない。小中学生や高校生は学校で体を動かすことはできるが、働いている30代や40代、高齢者が運動をできない状況だ」と説明。「青葉区は男性長寿日本一だが、その要因はスポーツができる環境がある、ということも大きいと思う。新型コロナはいつか終息すると思うので、各団体は何とか地域スポーツ、生涯スポーツをしっかり続け、男女とも長寿日本一になれるようにやっていければ」と語った。

 総会には17団体の代表者や小澤明夫区長、青葉区連合自治会長会の関根宏一会長、顧問の市会議員らが出席。名称変更以外に20年度の事業報告と決算報告、21年度の事業計画と予算なども審議され、すべて賛成多数で可決された。
 

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook