青葉区版 掲載号:2022年4月14日号 エリアトップへ

しらとり川沿い小さな遊歩道 誕生のきっかけは道祖神

社会

掲載号:2022年4月14日号

  • LINE
  • hatena
手入れしている遊歩道を背にする下山さん
手入れしている遊歩道を背にする下山さん

 知る人ぞ知るしらとり川沿いの小さな遊歩道。道祖神を起点にサクラやウメ、ハナミズキなど40種類以上の植物が茂り、地域住民らの散歩コースになっている。

 遊歩道の誕生は、地域一帯が都筑郡恩田村下台の下村(したむら)と呼ばれていた頃にさかのぼるという。当時、「下村のお地蔵さん」として親しまれていた道祖神を中心に、そばの小道でどんど焼きが行われていたが数十年前に中止に。だがそれ以降も、近くで造園業を営む下山和正さん(58)ら近隣住民が道祖神の世話を続けていた。その一環で雑草が生い茂っていた小道を整え、木々を植樹するように。もともとは行き止まりだったが、通り抜けできるよう数年前に行政に依頼して工事も行った。四季の移ろいを楽しめるよう植物の種類も増やしていき、徐々に「知る人ぞ知る遊歩道」として親しまれるようになったという。

 近隣住民が高齢化した今は、しらとり川ハマロード・サポーターが中心になって手入れをしている。3月には遊歩道を会場に初めてイベントを開催。今後も地域の拠点として活用していきたいという。

 同サポーターの一人でもある下山さんは「皆さんに喜んでもらえることが励み。代々守ってきた土地の新たな憩いの場として大切に育てていきたい」と話した。

「下村のお地蔵さん」として親しまれる道祖神
「下村のお地蔵さん」として親しまれる道祖神

青葉区版のローカルニュース最新6

新型コロナ陽性者 1週間で161人増

【Web限定記事】6月10日〜6月16日

新型コロナ陽性者 1週間で161人増 社会

青葉区状況 

6月23日号

下市ケ尾でウオーキング

下市ケ尾でウオーキング 社会

地元住民がコース考案

6月23日号

リユース食器でごみ削減

リユース食器でごみ削減 社会

Waveよこはま

6月23日号

ミツバチの生態学ぶ

青葉台小4年

ミツバチの生態学ぶ 教育

郵便局で見学

6月23日号

寺家でマルシェ

寺家でマルシェ 社会

6月30日

6月23日号

ヘルスメイト食育パネル展

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook