神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2022年8月4日 エリアトップへ

ボランティアスクール・横浜みどりの学校ひまわりで「地球儀教室」を開催する 松澤 杏奈さん 青葉区出身 18歳

公開:2022年8月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

悩み学んで、道を拓く

 ○…昨秋から通っているオランダの国際高校の夏休みで帰国中。ひまわりで小中学生を対象に、各国の級友とオンラインでつないだ交流体験を企画している。日本で国際交流の機会を持ちたいという思いと、教科書の暗記ではなく自分の力で興味を広げる面白さを伝えたいとオランダで感じたことがきっかけだ。「留学を迷っていた子が決断してくれたり、変化がうれしい」とはにかむ。

 ○…中学時代にひまわりの存在を知り、手伝うように。「学校に行きたくないと思ったことはなかったけど、そうじゃない子もいると知って教育に興味を持った」と振り返る。中学3年ではインドにボランティアへ。マザー・テレサの「愛の反対は無関心」という言葉を胸に訪れたが現地で物乞いをされても何もできず、「私は無知。世界を知りたい」と誓った。直後のコロナ流行で留学手段が限られていたが、無事に約100の地域から生徒が集まる学校の入学権と奨学金資格を得た。「オランダでは、いろんな人に揉まれて自分を見失いそうになったこともあったし勉強は大変だけど毎日頑張っています」

 ○…小3で、『アナと雪の女王』の主人公「Anna」の綴りが自身の名前と同じだと気付き海外に親近感を抱いた。以来、英語学習に夢中。留学までを過ごした青葉区には両親と弟、犬2匹に家族で孵化させた烏骨鶏(うこっけい)4羽が暮らす。「次は友人も連れて帰省したい」

 ○…留学して約1年。「自分の視点に自信がなかったけど授業で意見を出し合う皆を見て、人と違うのは当たり前で恐れる必要はないと知った」と、悩み学びながら精神的に成長している。将来は模索中だが「考えることをやめず型にもはまらず、挑戦し続ける人でありたいです」。今この経験が糧になると信じて。

青葉区版の人物風土記最新6

大原 義男さん

嶮山小学校の学援隊として長年、児童の登下校を見守り続ける

大原 義男さん

美しが丘西在住 77歳

7月18日

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook