神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した 岩田 武司さん 中区山手町在住 57歳

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

弁護士と県民の架け橋に

 ○…就任時に掲げたのは、「会の知名度を上げ、弁護士をもっと身近な存在にすること」。日常生活では馴染みの薄い法律だが、「不安や心配など何か問題が生じた時は、弁護士に相談するのがベター。すべての分野に通じる解決能力のあるカウンセラーだと思ってほしい」と力を込める。会は弁護士と県民をつなぐ「架け橋」的存在とも。「よろず相談窓口として役に立てれば」

 ○…弁護士になりたいと強く望んだわけではなく、就職に有利と聞いて進学した法学部。普通に就職活動をする傍ら、ふと司法試験にも興味をもちリサーチを開始。実際にすぐ受かった人や苦労した人らをインタビューするなどした結果、「自分は受かると確信した」と振り返る。「文章力があり、論文は得意だった。向いてるだろうと思ったんです」。その直感どおり、試験勉強を始めジャスト3年で苦も無く合格した。

 ○…ピアノやベース、ギターをたしなみ、一時はシンガーソングライターを目指していたほどの音楽好き。疲れた頭を癒すリフレッシュ方法は、やはり音楽を聴くことだという。「何も考えずに音に集中して聴きます。朝早く起きてピアノを弾くこともある」と話す。また、忙しい合間を縫って今でも月1回ライブで演奏する。

 ○…「人々があたたかく、適度な規模。横浜愛に満ち溢れてます」と地元への愛着を語る。会のやりがいの一つが「立法活動」。現場にいるからこそ感じる法律の課題を取り上げ、議員や政府に提言する。中でも「選択的夫婦別姓」は会として実現に向け取り組んでいる課題だ。「制度がないことで困っている方が存在しているのは事実。長い目で見て、人のためになって世の中が少しでもよくなればいい」

青葉区版の人物風土記最新6

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook