神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

カーリング日本選手権 氷上の熱戦 横浜で 2月、首都圏初の開催

スポーツ

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
山中市長と藤澤さん(右から)
山中市長と藤澤さん(右から)

 横浜市と日本カーリング協会は4月26日、2025年の日本カーリング選手権大会を横浜BUNTAI=中区=で開催することを発表した。

 25年世界選手権と翌26年冬季五輪の日本代表候補選考大会でもある国内最高峰の舞台。過去41回は北海道と青森県、長野県が会場で、首都圏では初開催となる。また、専用施設ではなくアリーナでの実施も国内初。国際大会はアリーナ開催が一般的で、同じ環境下での大会は選手にとっても待望だった。大会は2月2日(日)〜9日(日)。男女各10チームが出場する。

 当日は横浜市役所で共同発表会を実施した。山中竹春横浜市長と日本カーリング協会の貝森輝幸会長、岡崎朋美理事が出席。アスリート委員長として、五輪で2大会連続メダルを獲得した藤澤五月さんも登場した。

 19年には21年大会の新横浜開催が決定していたがコロナ禍で中止に。5年越しの実現に「重要な大会を横浜で開催することができて光栄」と山中市長。小学校訪問や児童向けスクールなどの企画も行われる予定。市としては今大会の開催を契機に、29年の世界女子選手権大会の招致も目指す。

「もぐもぐしながら」

 BUNTAIでは、過去大会を大きく上回る2000人以上を収容できる。藤澤さんは「アリーナでの開催は、関係者全員が嬉しく思っている」と話し、「25年に限らず横浜開催を」と市長におねだりする場面も。また、海外では観客も大きな歓声や拍手で楽しむのが主流で、「飲食もOKなので、”もぐもぐ”しながら盛り上がってほしい」と呼びかけた。

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook