神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する 吉村 望さん すすき野在住 75歳

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
吉村 望さん

「継続は力なり」伝え35年

 ○...創部45周年、289人の選手を送り出してきた小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」。10期から35年間、支えてきたチームから退くことを決めた。卒団式は海外リーグで活躍する現役日本代表や教え子、保護者らが駆け付け盛大に。「育てたわけではなく、選手の努力と意識。小学生から『夢は日本代表』と宣言して叶えている選手がいるなんて凄いことだよね」

 ○...2人娘の入団を機に40歳でコーチ、翌年から監督に。機械設計のサラリーマンとして働きながら休日は指導の日々。両親が転勤族で、やりたかったサッカー部に所属できたのは高校の1学期のみだったこともあり、「どこかでサッカーに携わりたい気持ちがあったのかも」。少女サッカーの組織作りに尽力し、関東サッカー協会女子委員会少女部会長も歴任。日本サッカー協会100周年功労表彰やオリンピックで活躍した教え子の清水梨紗選手の育成指導者としても評価された。

 ○...現在のチームは「2世代で通う親子もいる」と微笑む一方で、選手は10人と減少傾向にあることや時代よって変化する指導法に悩んだことも。後期高齢者になった節目に卒団を決意し、惜しまれつつ後進にチームを託す。「ずっと仕事とサッカーだったから、これから何をしたらいいのか」と照れ笑い。

 ○...継続は力なり、指導者として変わらず言い続けてきた言葉だ。「勝つためには辛いことも。悔しい思いをしなければ勝ちたい気持ちも芽生えない」。現在もプロなどで活躍する選手には小学生からその気持ちが当たり前にあった。「選手から沢山学ばせてもらったね」。着任時から全て保管するプログラムを手に「35年か長いな」と振り返りながら、今後の女子サッカーの発展を願う。

青葉区版の人物風土記最新6

大原 義男さん

嶮山小学校の学援隊として長年、児童の登下校を見守り続ける

大原 義男さん

美しが丘西在住 77歳

7月18日

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook