緑区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

缶・びん・ペットボトル・小さな金属類 33地区で収集日変更 市「順調に移行」

 緑区の約半分にあたる33の地区で缶・びん・ペットボトル・小さな金属類の収集日が4月1日から変更されている。管理する資源循環局緑事務所は「地域の協力で大きなトラブルもなく、当初考えていたよりもスムーズに移行できている」としている。

 変更となったエリアは台村町や寺山町などの33の地区。今回資源ごみの収集日が変更となったのは、横浜市が経費削減を目的に収集運搬業務を民間業者に委託したため。市内では2011年からの2年間で12区の民間委託が行われており、今年度から緑区のほか、港北、旭などの6区が変更したことで18区全ての移行が完了した。緑区の収集を担当するのは市の入札の結果、単年契約を結んだ(有)大興資源が行っている。

 同局緑事務所では今回の変更を1月に連合町内会などに情報を伝えてきたほか、2月からは町内の回覧板や区広報紙、集積場に曜日変更を知らせる貼紙を張り出すなどの周知を行ってきた。

 一方で、長津田みなみ台在住の男性から「突然収集日が変わっていて驚いた。理由を知りたい」との声が聞かれるなど、地域とのつながりが薄い単独世帯への周知が課題として残っているようだ。

高い意識が貢献

 市が公表している昨年4月から12月までの「区ごとのごみ総量実績」によると、緑区は区民一人当たりの1日のごみ総量が636グラムと市内で3番目に少ない。使い捨て商品をなるべく買わない、リサイクル品を積極的に使うなど、緑区は「ごみの減量化」に対する意識が強いことを表しており、同局緑事務所は「住民のごみ処理への意識の高さが今回の変更をスムーズに進めた要因のひとつになっているのではないか」と分析している。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク