緑区版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

連続講座『みどり「ひと・まち」スクール』の学長を務める 名和田是彦(よしひこ)さん 三保町在住 59歳

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena

新しい「公共の場」再建を

 ○…緑区が地域住民と協働して開く地域づくり大学校の学長に招かれた。緑区在住者としてこれはぜひ見届けたいと快諾。「自分たちが住む地域がどんな課題を抱え、住民同士がそれをどう解決していくのか、一緒になって悩み、考えたい」と話す。「この講座をよくある生涯学習講座で終わらせず、いかに実践に繋げていくかが鍵」。コミュニティ政策論の先駆者として全国を駆け回り、様々な取り組みを見てきた目は鋭い。

 ○…1955年、下関市生まれ。東京大学法学部を卒業後、横浜市立大学、東京都立大学を経て、2005年から法政大学法学部教授に。横浜市立大時代に市内の地域コミュニティと住民参加の実態を調査したのをきっかけに、コミュニティ論を本格的に研究するようになった。自らも市民活動団体「まちづくりフォーラム港南」の代表としてまちづくり活動を実践。カフェを運営するなど、住民同士が繋がる場を提供し、住民主体の地域活性に取り組んでいる。「失敗もあるけれど、皆で思案して挑戦するのは、本当に楽しい」と笑顔を見せる。

 ○…三保町には約20年前に越してきた。全国の自治体からの講演要請や、シンポジウムへの参加など、地域コミュニティへの関心の高まりとともに、月に何度も飛行機に乗る生活。交通アクセスも良く、緑豊かな緑区でのオフタイムが、癒しの時間となっている。「緑が多くて良い。大学にも通いやすいしね」

 ○…ごく数人の限られた人々による市民組織が、担い手不足や高齢化を背景に全国的に行き詰まっている状況を肌で感じ、もっと多くの人がゆるやかに参加していく「新たな公共の場」の可能性を模索する。「今必要なのは、ダイナミックな仲間づくり。なるべく多くの人と課題を共有しあう仕組みが重要。このスクールもそんな場所にしていきたい」。緑区で始まった新たな取り組みに、大きな可能性を感じている。

緑区版の人物風土記最新6

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める

柴崎 芽生(めい)さん

横浜創英大学こども教育学部3年

10月10日号

真船 悦子さん

緑区コーラスの会の会長を務める

真船 悦子さん

霧が丘在住 70歳

10月3日号

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

黒板アートの指導にあたっている

末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん

白山高校美術科教諭 45歳

9月26日号

澤田 茂友さん

青少年みどり遊楽舎の代表を務める

澤田 茂友さん

三保町在住 70歳

9月19日号

横瀬 堅さん

緑少年補導員連絡会の会長を務める

横瀬 堅さん

霧が丘在住 68歳

9月12日号

栗原 加代美さん

DVの加害者更生プログラムに取り組む

栗原 加代美さん

東本郷在住 73歳

9月5日号

木村 升(のぼる)さん

50周年を迎える緑保護司会会長を務める

木村 升(のぼる)さん

鴨居町在住 72歳

8月29日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク