緑区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

第124回緑区民音楽祭ふれあいコンサートにヴァイオリニストとして出演する 北見 春菜さん 長津田みなみ台在住 28歳

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena

地元で演奏できる喜び胸に

 ○…緑区にゆかりのある新進演奏家を発掘し、地域の音楽を盛り上げていこうと行われている緑区民ふれあいコンサートに出演が決まった。オーディションを勝ち抜いての出演決定に、「本当に嬉しい。ずっと地元で演奏の機会を探していた」と笑顔を見せる。フリーランスとして各地で演奏活動を行う中で、地元緑区のために何かできることはないかと模索していた。「緑区はいわば”ホーム”。地元の子どもたちにも演奏を聴いてもらえれば」

 ○…旭区で生まれ、数年前に緑区に越してきた。7歳になる頃、ヴァイオリニストだった母親の影響もあり、自然とヴァイオリンを弾くようになった。小学5年になると先生につき、本格的にヴァイオリンにうち込むように。「演奏家を志すには遅いスタート。不安はあったけれど、それ以上にヴァイオリンという楽器の魅力に惹かれていた」。ソロはもちろん、どの楽器とも良いハーモニーを奏でられるヴァイオリンに可能性を感じたという。

 ○…演奏家として独り立ちし、様々なホールとの付き合いの中から、演奏家が地域の学校などに出向き、子どもたちに本物の音楽を演奏する「アウトリーチ活動」に参加するようになった。生の音に触れ、目を輝かせる子どもたちの反応を見ると、演奏家としてとても充実した気持ちになる。「演奏家としての人生を考える上で、とても良い指針をくれた。ずっと続けていきたい活動」

 ○…子どもたちとの出会いを機に、思いが一層「地域」へと向かっている。「ふれあいコンサートでは地元の中学校合唱部とのコラボも楽しみのひとつ。生徒たちの合唱がどんな化学反応を起こすか。これは特に地元の人に聴いていただきたいですね」と意気込む。相手を選ばず包み込み、新しいハーモニーを生むヴァイオリンの魅力を地域の人にも伝えたい。「それで地元の音楽が活性していったら嬉しいですね」

緑区版の人物風土記最新6

宮野 勝秋さん

今春の叙勲で瑞宝双光章を受章した

宮野 勝秋さん

長津田在住 78歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

陶山 葉子さん

東本郷地域ケアプラザの所長に就任した

陶山 葉子さん

藤沢市在住 56歳

5月5日号

星野 三喜夫さん

東洋英和女学院大学の第7代学長に就任した

星野 三喜夫さん

青葉区在住 66歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月14日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook