緑区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

市内出身・久光さん 「子どもたちを笑顔に」 フットサル通じ患者支援

社会

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena
参加者と談笑する久光さん(左)
参加者と談笑する久光さん(左)

 市内出身のフットサル選手で、小児がん患者の支援活動に尽力している久光重貴さん(36=湘南ベルマーレ所属)。昨年4月から、神奈川県立こども医療センター=南区=を訪れ患者らを対象にフットサル教室を開くなど、活動の幅を広げている。

 「声を大きく出すこと、楽しむこと、挑戦すること。今日はこれを約束しよう」。久光さんが語りかけると、子どもたちは大きくうなずいた。教室は入院・通院患者らを対象に同センターの体育館で行われ、主に幼児や小学生が参加している。この日は久光さんと2人の現役選手が参加し、一緒に指導。ボールにふれあうことから始まりコーンの中で蹴る練習や、ミニゴールでのシュート練習などを行った。最後に保護者や医師らもまざって試合を行うと、子どもたちは懸命にボールを追いかけ、ゴールを狙っていきいきと駆け回っていた=写真上。久光さんは「できるかできないかじゃなく『やれる』と信じることが大事」と呼びかけていた。

 参加した三宅紫穂ちゃんの母親の円夏(まどか)さんは「こんなに走れる機会は少なく、一般の人と一緒にはできないので、本人はいつも楽しみにしている」と話す。退院のため今回が最後の参加だと話す積田蓮君は「(久光さんは)優しい。サッカーで使える技も教えてもらった」と笑顔をみせた。

 久光さんは、自身もがん治療中。2013年のり患発覚をきっかけに小児病棟への慰問を始め、現在は「フットサルリボン活動」として試合会場でのがんの啓発や募金活動のほか、小児がん患者への支援を行っている。病院でのフットサル教室は、健康食品を扱うオリエンタルバイオ(株)などのサポートを受け、月3回程度開催。「子どもたちや家族が笑顔になれる時間を作りたい。ボールを蹴ることを通じて、挑戦することや目標、夢を見つけてもらえたら」と久光さんは話す。

 この取り組みでは寄付やボランティアなどの協力も募集している。詳細はHP【URL】http://f-ribbon.jpへ。

緑区版のローカルニュース最新6

疫病退散願い、どんど焼き

東本郷地区連合自治会

疫病退散願い、どんど焼き 文化

鶴見川河川敷で開催

1月21日号

パパが子育て学ぶ

パパが子育て学ぶ 文化

2月13日に中山ケアプラで

1月21日号

「球団10年目を飛躍の年に」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「球団10年目を飛躍の年に」 スポーツ

岡村社長 新春インタビュー

1月21日号

玲泉さんの書を展示

玲泉さんの書を展示 文化

1月末まで

1月21日号

3万7千人が節目

成人式

3万7千人が節目 教育

感染対策徹底し開催

1月21日号

世界を魅了する影絵集団

キニナル?アート美術館

世界を魅了する影絵集団 文化

〜都筑区編〜

1月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク