緑区版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • hatena

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した 井上 幸治さん いぶき野在住 63歳

心の調和、気持ちを一つに

 ○…来期50周年の節目を迎える横浜緑ロータリークラブの舵取り役を担う。中学時代の陸上部の先輩に誘われ、入会したのは、9年前。様々な奉仕活動を通じて、多くの人に関わる機会に恵まれた。悩みを聞いてもらったことも数知れず。「異業種の人やベテラン経営者などと接することは大きな学びになった」と振り返る。今期掲げたテーマは「心の調和」。節目の年に向けて、全員が心を一つにして進んでいきたいという願いを込めた。

 ○…緑区生まれ、緑区育ち。中高時代は、陸上部で汗を流した。大学進学後、新しいことに挑戦したいと、合唱クラブへ。厳しい指導者のもと、練習に明け暮れた。合唱を通じ、深まった仲間との絆は今も残る。「飲み会で集まれば、自然と当時の歌をみんなで歌うよ。心の調和の原点」と笑う。

 ○…洋服好きが高じて、卒業後は、アパレル業界に進み、がむしゃらに働いた。30歳の頃、違う世界を見てみたいと思うように。実家が植木屋だったことから、家族と接点を持てる仕事は何かを考え、花屋の道を選ぶ。知識はほぼない状態。雑誌に載っている花屋を見て回っていた中で、偶然、求人募集をしていた花屋が目に止まり飛び込んだ。全国屈指の有名店で著名人の花づくりなどにも携わる日々。花を渡す人の思いや渡される人の好みなどのニーズを聞き取り、表現することの大切さを学んだ。自身の店舗を持った後も、客との深いコミュニケーションは欠かさない。そのことが信頼を生み、多くの人に愛され四半世紀を迎えた。

 ○…ロータリークラブでの活動などもあり、交友関係は広い。営業終了後、店で仲間と飲み会を開くことも。コンサート会場として使用したこともある。「単なる花屋でなく、人と人を繋ぐ交流拠点に」と夢を語った。

緑区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

新名(しんみょう) 三郎さん

地域デビューを応援する講座「人生楽笑・次代塾」を企画運営する

新名(しんみょう) 三郎さん

3月14日号

佐野 純一さん

歴史講座を開催する運営委員会の代表を務める

佐野 純一さん

3月7日号

竹平 晃子さん

NHK横浜放送局でキャスターを務める

竹平 晃子さん

2月28日号

平田 浩一さん

氷彫刻世界大会(団体戦)で最優秀賞に輝いた

平田 浩一さん

2月21日号

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク