緑区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

霧が丘地区社協 創英大生を受け入れ 学生から地域への提案も

社会

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
地域への提案をする学生
地域への提案をする学生

 霧が丘地区社会福祉協議会(成瀬健二会長)は、昨年度から横浜創英大学の学生をボランティアとして受け入れている。17日に行われた福祉講座の中では、活動発表のほか、「多世代が集う場づくりの工夫」が提案された。

 霧が丘地区社協が昨年度からボランティアで受け入れているのは、横浜創英大学こども教育学部・平野ゼミに所属する3・4年の学生12人。「地区社協がボランティアに大学のゼミ生を受け入れるというのは区内でも珍しいのではないか」と成瀬会長は話す。

 学生たちはこれまで、「高齢者の孤立予防のサロン」「子育てサロン」「高齢者へ昼食の配達活動」など同地区社協の活動に参加してきた。17日に霧が丘地域ケアプラザで行われた福祉講座で4年生5人は、活動に参加して感じたことを発表。その中で多かったのが「人のつながりの温かさや大切さを学んだ」というものだった。また、同地域に対して「すべての層の世代が一堂に会すような場づくりの工夫」が提案として示され、親子や高齢者など対象者別に実施している活動を合同で行うなど、具体的な案も出されていた。

 成瀬会長は「若い世代の学生が地域に関わってくれることはとても意味がある。地区社協としていくつかの発見や気づきもあった。今後も継続的に関わってもらえたら嬉しい」と話した。

緑区版のトップニュース最新6

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ 社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

風水害に備える出前研修

緑区

風水害に備える出前研修 社会

自治会やPTA対象に

9月30日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月23日号

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook