神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2018年11月22日 エリアトップへ

霧が丘地区社協 創英大生を受け入れ 学生から地域への提案も

社会

公開:2018年11月22日

  • LINE
  • hatena
地域への提案をする学生
地域への提案をする学生

 霧が丘地区社会福祉協議会(成瀬健二会長)は、昨年度から横浜創英大学の学生をボランティアとして受け入れている。17日に行われた福祉講座の中では、活動発表のほか、「多世代が集う場づくりの工夫」が提案された。

 霧が丘地区社協が昨年度からボランティアで受け入れているのは、横浜創英大学こども教育学部・平野ゼミに所属する3・4年の学生12人。「地区社協がボランティアに大学のゼミ生を受け入れるというのは区内でも珍しいのではないか」と成瀬会長は話す。

 学生たちはこれまで、「高齢者の孤立予防のサロン」「子育てサロン」「高齢者へ昼食の配達活動」など同地区社協の活動に参加してきた。17日に霧が丘地域ケアプラザで行われた福祉講座で4年生5人は、活動に参加して感じたことを発表。その中で多かったのが「人のつながりの温かさや大切さを学んだ」というものだった。また、同地域に対して「すべての層の世代が一堂に会すような場づくりの工夫」が提案として示され、親子や高齢者など対象者別に実施している活動を合同で行うなど、具体的な案も出されていた。

 成瀬会長は「若い世代の学生が地域に関わってくれることはとても意味がある。地区社協としていくつかの発見や気づきもあった。今後も継続的に関わってもらえたら嬉しい」と話した。

緑区・都筑区の賃貸オーナー様へ

最新の賃貸経営手法をお伝えするセミナー。6月2日㈰緑区中山の会場で開催。申込は下記▼

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd-n3Dv4x9jLXk9pylMM67TpaY1iURH4vqRXQkwBL4VG3O1vw/viewform

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

魅力あふれる街「次世代に」

緑区

魅力あふれる街「次世代に」

24年度の運営方針を発表

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

「浜なしの氷結」を販売

キリンビール

「浜なしの氷結」を販売

規格外を使用し商品化

5月16日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

生理用品提供機器導入へ

鴨居自動車学校

生理用品提供機器導入へ

国内の自動車学校で初

5月9日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

パン工房SORAは創業6周年を迎えました。

国産小麦100%の無添加生地を使用した自然派のパン工房です。

https://www.instagram.com/pankobosora/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook