緑区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

黒板アートの指導にあたっている 末棟(すえむね) 小百合(さゆり)さん 白山高校美術科教諭 45歳

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

生徒の可能性を信じて

 ○…教諭になりたての頃、授業の板書にチョークでイラストを描いた。「文字だけじゃ分かりにくい。授業を分かりやすく、伝えたかった」と振り返る。いつしか、黒板に絵を描くことに心が躍るように。前任の高校で美術部員に呼びかけ、本格的に黒板アートの指導を始めた。テレビでも取り上げられるなど話題となった。「身近で親しみやすい黒板アートの魅力を多くの人に知ってもらえたら」とほほえむ。

 ○…3歳から絵画教室に通っていた。自分の描いた絵で周りの人が喜んでくれるのが嬉しかった。だが、美術科のある高校に進学すると、周りは絵の上手い人ばかりで一時は自信を失っていた。それでも努力を続けていると、次第に周りからも認められるように。「努力は裏切らない」と実感したという。そんな自身の体験も生徒に伝えている。

 ○…20代は、出版社などで編集者として活躍。ゴルフ雑誌を作るために、海外に取材に出かけたことも数知れず。30歳を過ぎ、世界で活躍する若い選手たちを取材していると、「美術の分野でも次世代を担っていく人材を育てたい」と思い立ち、教諭の道へ進む。誰一人欠けても完成しないのが黒板アート。チームプレーの大切さを日々伝えている。「人生で仲間とこんなにも何かに打ち込んだのは初めて」。そんな生徒の言葉を聞くと、思わず笑みがこぼれる。

 ○…朝から晩まで付きっきりで指導にあたっている分、黒板アートの大会後には、生徒と一緒に感極まって涙を見せる場面も。生徒からプレゼントされた手紙には、厳しい指導と優しさに溢れた日々への感謝の言葉がずらりと並ぶ。今後は、「学校だけでなく、地域でも老若男女が黒板アートに親しめる場を生徒と一緒に作ってみたい」とまだまだ夢は尽きない。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

久保田 且男さん

4月1日に緑公会堂の館長に就任する

久保田 且男さん

港南区在住 60歳

3月25日号

宮本 純子さん

みどりアートパークで「聖地画展2021」を開催する

宮本 純子さん

長津田在住 52歳

3月18日号

上村 文次さん

10年間に渡り蝶を観察した記録をまとめた「よこはまの蝶」を自費出版した

上村 文次さん

藤沢市在住 71歳

3月4日号

岩上 真理さん

「ママ夢ラジオ」や「レオラジオ」でパーソナリティを務める

岩上 真理さん

東本郷在住 50歳

2月25日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.masaharu.info/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter