緑区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

みどりアートパーク寄席に出演する 瀧川 鯉丸さん 中山在住  32歳

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena

面白いを追い求める

 ○…地域の人同士の強いつながりや、人の温かさに魅了され、昨年5月に緑区へ移り住んだ。区内で落語を披露することもある。その後、人気落語家らと共に寄席へと出演することが決まった。「一緒に出演する桃月庵白酒師匠、ねづっちさんに負けないよう、自分も盛り上げたい」と本番への意気込みを見せた。

 ○…横須賀育ち。外で遊ぶよりも一人でラジオを聞いていた子ども時代。「今、考えると暗い子どもだったかもね」と振り返った。そんなラジオから流れてきた落語を初めて聴いたのは、高校3年生の時。声だけで、押し付けがましくなく、人を惹きつける落語のとりこに。大学では迷わず、落語研究会へ。友人らと毎日落語を聴く日々。「同じ噺でも、噺家次第で十人十色の落語になる。どんなに聴いても飽きることはないね」

 ○…大学卒業後、大好きだった瀧川鯉昇師匠に入門、修業の日々を送る。休みがほぼなかったが、落語家の世界や生き方を着実に吸収していった。2015年に二ツ目に昇進。今も自分のやり方を模索する毎日が続くが、「芸は水面に字を書くようなもの。やり続けないと消えてしまう」と語るように積極的に高座に立ち続ける。「真打に昇進するまでには、自信を持って、客の前に出せる噺を一つでも多く作りたい」と前を向いた。

 ○…趣味を聞けば、「好きな趣味の落語が仕事になったようなもんだからな」とオンオフの切り替えはあまりない様子だ。寄席などで全国各地を巡る。夜には、居酒屋で地元の人と会話に花を咲かせている。「色々な場所で、多くの人に出会い、思いも寄らない噺も見つけたいね」とここでも熱心な仕事ぶり。自身の”面白い”を客席に届けるための絶え間ない努力を垣間見られた。

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

齋藤 優子さん

緑図書館長に着任した

齋藤 優子さん

港北区在住 61歳

4月23日号

岡田 展生さん

緑区長に就任した

岡田 展生さん

泉区在住 55歳

4月16日号

高岡 玲子さん

起業支援拠点「まちなかbizみどり」の代表を務める

高岡 玲子さん

白山在住 46歳

4月9日号

渡邉 佳奈子さん

オーケストラ「piccolo(ぴっころ)」を区内で立ち上げる

渡邉 佳奈子さん

三保町在住 34歳

3月26日号

鶴田 和久さん

首都高速道路株式会社で神奈川建設局局長を務める

鶴田 和久さん

市内在勤 58歳

3月21日号

松山 光伸さん

日本奇術協会賞を受賞した

松山 光伸さん

長津田町在住 72歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク